#035-0020「葡萄」2009年06月01日 18時40分45秒

 庭の一本の葡萄の木に、小さな花房がたくさんついている。
 洗濯物を干している女房殿に、「今年の秋は、葡萄は豊作だよ。百房以上は間違いないな」と声をかけると、「たいして手入れもしないのに不思議ね」と笑っている。私は、園芸本と首っ引きで、樹勢を弱めぬように枝を切ったり施肥したりしたんだけどさ、などとぶつぶつとつぶやきながら、猫の額ほどの庭をうろうろする。向かいの家の屋根の上から見事な黒い羽根のからすがあきれたように眺め、それから一声啼くと、五月の青い空へ一気に羽ばたいていった。空になった洗濯籠をおいて女房殿は雑草を抜きながら、苺もずいぶんなっているよ、それに去年植えた苺から伸びた子株が、ミントの間にしっかりと根を下ろしているわと、楽しそうに話している。
 こんなに晴れているのに午後からは雨になるらしい。
「ええ、この前買ってきた苺用の土、どなたかいりませんかぁ。特にそこの読書をしようとして本を片手に持っている男性の方ぁ」と女房殿が笑いながら私に声をかけてきた。
「明日晴れたら、苺をポットに移植するよ。今年はブルーベリー、どうかな」ベランダの上り口のコンクリートに座っていた私は、頭を掻きながら本の栞をちょっとだけ引っ張り出して眺めた。へるんの栞と書いてある。小泉八雲記念館のものだ。女房殿は裏手のブルーベリーを見に行ったらしい。私は何事もなかったように栞を 挟んでいた場所を再び開いて、「城中の霜」の世界へ旅立つ。
 橋本左内が流した泪は香苗に届いたのだ。
「……昨夜、城中、霜始メテ隕ツ。……」噎びあげながら吟じた香苗に、思いを馳せながら目を潤ませていると、菖蒲の白い花を手にした女房殿が不思議そうな顔をして、私の横から本を覗き込んでいる。
「山本周五郎だよ」私は照れて本を閉じそっぽを向くように、女房殿とは反対の空を見上げて雨雲を探した。

まだ降らないわよ、とにっこり笑った女房殿から、陽の光の匂いが漂ってくる。
(文字数:799)
名前:

コメント

_ just4U ― 2009年06月01日 19時42分50秒

文章塾最終回にはじめて投稿したjust4Uです。
はじめまして。
「葡萄」読ませていただきました。文章の中に、描かれた風景、役者の動き、空気感、見事に伝えたい世界が、こと細かく描写され、びっくりしました。ただ、ただ、感服です。しかし、きっと昭和以前の文学を愛していないと、この文体は、難解とも感じました。活字離れがすすんで、ケータイメールが日常の若い世代には、ちょっと理解されないかも知れないなと残念にも思いました。でも、心配はいりません。少なくとも私は、わざとらしい旅立ち表現は、「葡萄」には、なかったと感動しています。
P.S.初心者が、えらそうなことを発言して、申し訳ありませんでした。恐縮ですぅ。

_ 木の目 ― 2009年06月02日 19時03分05秒

just4Uさん
どうもはじめまして。
木の目と申します。
今回は最終回だったもので、ちょっと気取ってこのような書き方をしてみました。
>昭和以前の文学を愛していないと、この文体は、難解
たぶん、そうでしょうねぇ。
わたし自身としては、今回の自分が綴った言葉の中に、とまどいとか、逡巡がうまく表現できればいいなぁ、などと思っています。その中で、わかる人にはわかるメッセージを入れ、そのことを知らない人には知らないままで読むことができる暗号文のような文章を心がけました。

確かに今回の手法で真似をしたのは昭和以前の文学からです。ちょっと古くて、出典は明かせないですけど。何せ全然真似になってないじゃないかといわれるのが恥ずかしいものですから(笑

コメントありがとうございます。

_ ヴァッキーノ ― 2009年06月02日 21時37分08秒

自然主義文学ってこういうことなでしょうね。
なんでもない日常をなんでもないことのように
書くことで、それが却って読む人の心に滲みるっていうか。
二葉亭四迷(だったと思うんですけど)が、「平凡」なんて
のを書いていたんですが、ああいう感じが漂ってますね。

>女房殿
敬ってるのか、へつらってるのか、もしくは本心を隠してそう呼ぶのか・・・・・・夫婦って複雑だなあって思わせる固有名詞ですね。

_ ukihaji-12 ― 2009年06月03日 11時48分25秒

 流石に水の流れる如く爽やかな書きっぷりには脱帽です。 因みにどうも作者さんは愛妻家? それとも恐妻家?でしょうか。

_ 百吉 ― 2009年06月04日 13時28分18秒

すてき。ロマンチックですね。
南仏でセカンドライフを過ごす夫婦のようです。

…って、早々にカミングアウトしちゃったんですね。
木の目さんには珍しく微発泡の白ワインのような作品でびっくりしました。
こういうのもすてき。

_ ウラジーミル・コマ子 ― 2009年06月05日 14時54分23秒

「女房殿」が魅力的です。それこそ山本周五郎が描くような……(うまく形容詞がでてきませんが)、ジェラシーをかんじるほどです。最終回の、その掉尾をかざる作品が、日本に於ける富士山のように、なつかしく、見あきることのない文章だと思って、自分はプレッシャーに負けたかなと思います。

_ 木の目 ― 2009年06月06日 09時20分43秒

ヴァッキーノさん
果たして、日本の自然主義文学が、科学的手法に基づいて人間の内面を客観視するゾラの「居酒屋」を目指したかどうかは別として、写実主義にしては中途半端な私小説が日本の純文学の骨格を成したのは、明治維新・中央集権・富国強兵・殖産興業と古い価値観を脱ぎ捨てざるを得ない時代に必要不可欠な精神的運動だったからでしょう。
なんか、こう書くととっても高尚な文学を語っているようで耽美主義みたいにうっとりとしております。受験文学史みたいな参考書片手に書いているだけなんですが。
でもこれからはヴァッキーノ主義が流行ると思います。えへへ。

ukihaji-12さん
昨日、テレビ(金スマ)で辰吉丈一郎さん夫婦を見てまして、なにか夫婦のあり方は恐妻家でも愛妻家でもどちらでもありかな、と思いました。もちろんわたしはその両方であります。

百吉さん
ご無沙汰しています。
文章塾もようやく花開いて実を結びそうな気配がしています。いろいろなところに種が落ちていろいろな花が咲くのだと思っています。けっして無駄なことはひとつもないということがわかりました。花が咲いて実を結ぶまで何年もかかる樹もあります。ほかと同じでなくても、みんなそれぞれ、趣があってすばらしいです。
葡萄がなったら送りますね。ぶどう酒のほうがいいかな。
南仏かぁ。行ったことはないけど、せめて背広を新調して汽車の旅でもしようっと。

ウラジーミル・コマ子さん
最終回、ということでわたしは力が入りました。ただ、うまく書けなければ、最終回第二段とか、新装開店、とかまあ、いろんな裏技を画策するのもありかな、と少し気を楽にして挑んでみました。コマ子さんはいかがですかね。

_ ウラジーミル・コマ子 ― 2009年06月06日 13時24分10秒

木の目さん

ぼくはもう一回最終回やりたい。
チャンスをくれー!!

他の作品のなかに入るとあれでははずかしい。
オレの力はこんなもんじゃないところをみせてから、
万有引力にしたがいたい(実になって落ちる)。

_ おさか ― 2009年06月06日 16時08分28秒

ほら、早くしないときのめさん↑
じれてる人がここにも

気取って書いたと仰いましたが
今までで一番、肩に力の入らない、いい意味で抜けた文章だと思いました

_ 木の目 ― 2009年06月07日 12時18分26秒

ウラジーミル・コマ子さん
ん、もう、わがままなんだから(笑
とりあえず、どう進むかわからないけど
文章塾のゆりかごというところに
http://mayu-kids.asablo.jp/blog/
記事をアップしました。
みてね。

おさかさん
まあ、このようなところで。

_ なぎさひふみ ― 2009年06月08日 04時44分18秒

 情景がすべてみたいな。それでまた科白に凝ったみたいな。
 ある一場面が、逆にすべてを物語ることができる。その究極の真理を見出したみたいな。
 ホログラフィックであることは、逆説的に絶対の真理はないということに通じるみたいな。

_ 蝶子 ― 2009年06月09日 20時02分46秒

他のかたと意見がダブったらごめんなさい。
私は木の目さんの投稿作はすべて目を通してきましたが、今回のはダントツでよいと思いました。これまでのもののなかには、工夫しようとして努力が空回りしているものも、ありましたから。

ところで、私なら「からす」は漢字にします、この文章中に登場させるのであれば。また、「空になった洗濯籠」は「そらになった」と読んでしまいました。直前の「五月の青い空」に引っ張られたようです。

_ 木の目 ― 2009年06月10日 00時54分29秒

なぎさひふみさん
懐かしいお名前です。
科白はもう少し凝ったものだったんですが、
日常がフィクションになっていくさまを楽しんでみました。

_ 木の目 ― 2009年06月10日 01時39分45秒

蝶子さん
やっと書きたいものが文字にできるようになってきました。
以前はこんなことを思いついたんだよ、すごいでしょ、だからわかって、というようなひとりよがりが強かったことに気がつきました。
文章は日常と同じで行きつ戻りつ、立ち止まってはぜんぜん違うものを見て、はっと気がつくけど、そのときにはもう前のことを忘れている、でも、終わりよければ以前の失敗など過ぎ去った懐かしい思い出に変わって、また目の前を見つめる。
和歌とか俳句とか、その潔さがわかる気がします。

実は藤沢周平を真似て、碁を習い始めました。
何の意味も持たないような石が、終盤になって生きてくる、ずぅっと困難な状況が、ある一手で俄然すばらしい状況に変わる。碁も文章も、人生も、奥が深くて楽しいです。

からす、青い空、空の洗濯籠。そうですね。おっしゃるとおりです。烏、青い空、からの洗濯籠。これも何度か考えてみたのですが、太陽の象徴の「烏」よりも「からす」のほうがあきれた感じが出るのかな、そして「から」の洗濯籠とかけことばになるのかな、青い空と空の洗濯籠も漢字でつなげてしまって、手元にある洗濯籠から青い空の洗濯籠に洗濯物を放り出すような気分が味わえるかな、などと自分自身の楽しみを入れてみました。

このごろ、自分の文章を書く楽しみがあります。
仕事では報告書とかメールとか簡潔に書かなくてはいけないのですが、行きつ戻りつ、そしてなにも起きないけど、なにか滲みいる日常の幸せをふと見つけた喜び、という大げさでもなく感動を誰かに与えるでもない、そんな文章がだんだん書けるようになってきました。

日本の、ことばの楽しみって、本当にすばらしいなぁ、とつくづく思う今日この頃です。
文章塾は終わりますが、これからもよろしくお願いいたします。

_ 蝶子 ― 2009年06月10日 17時26分56秒

>自分自身の楽しみを入れてみました。

なるほど。語感の妙というのはありますよね。朗読したときに心が躍るような気持ちになる文章って素敵です。それとは別に、目で見て美しい文章は確かにあります。この塾の参加者にもデザインをなりわいとされる方がいらっしゃるので私の出る幕ではありませんが、日本語って世界に比類のない視覚にうったえうる言語だと思います。

今回の、からす、空、空(から)については、そのあたり、両方とも楽しんだんですね、木の目さん。

「空になった洗濯籠」を「からになった……」と表記したほうがいいといったつもりはなかったんです。おっしゃるように洗濯籠がまさに青空になるような、そんな錯覚をほんの一瞬覚えたのです。
もしも、私のような鈍な読者が読み間違いをしないようにと考えれば、私のような姑息な書き手は「空になった洗濯籠」を「空っぽになった洗濯籠」「空っぽの洗濯籠」はたまた「洗濯籠をすっかり空にしたあと」とかなんとか、悪あがきをしてみます(笑)。

_ よっぱ ― 2009年06月11日 12時10分27秒

あぁ、いいなぁ♪
最終回の一番最後にあることがしっくりくるお話でした。
木の目さんは照れ屋さんなんですね~(笑)

書きたいことが書けるようになった>羨ましいです。

_ マロ ― 2009年06月13日 01時12分43秒

日常の一コマの描写が、上手いですね。
具体的な映像として、見えました。そこで動き、会話する2人も。
何気ない日常の中に、幸せも、何もかもが埋め込まれているのかも知れません。気がつきにくいだけで。

_ 矢菱虎菱 ― 2009年06月13日 06時13分15秒

文豪作家が日常生活の一場面をさらりと描いてみましたという印象を受けました。いろんな分野でプロフェッショナルと呼ばれる人は、熟練の技を身につければ身につけるほど余計な力が抜けて、しなやかに自然体でことをおこなうことができる、そんな自然さでしょうか。一語一語に短歌俳句のような味わいがありながら、軽やかで淀みがない・・・
一番面白いなぁと思ったのは、日常生活の場面と小説世界が地続きで自然に繋がっているという感覚です。自分なんかつい、現実と非現実という対立で描いちゃうんだよなぁ・・・勉強になりました!

_ おっちー ― 2009年06月13日 14時07分23秒

 フィクションなんでしょうが、最初に読んだときから今まで、この作品の主人公が木の目さんとダブって仕方ありません。
 文章の中から呼吸を感じるのです。生の。
 皆さんが「力が抜けて」とおっしゃっていますが僕も同じ事を感じました。
 作者と同じ空気を吸って、小説なんだけど、誰かが書いた日記のような。
 実在する誰かの、日記のような息遣いを感じました。
 やっぱり続けましょう~
 今度はもう少しペースを落としても、いいかも知れませんね。

_ 木の目 ― 2009年06月14日 11時54分32秒

蝶子様
再度のコメントありがとうございます。
蝶子さんは、どうでしょう。
たとえば「からすは空を巣にしているからからすになったのかな。空と書いて”そら”と”から”と読ませるのはなぜかな。からっぽなそらって言うことばはあるのかな。黒い毛並みの馬を青毛となぜいうのかな。黒と青、からすとそら」
そんな愚にもつかないことを瞬時に考えたりしませんか。

ああ、日本語って楽しい。

よっぱさま
照れ屋です(笑
思っていることをすべて文字に出来るわけではないのですが、このように書きたいなと思うことが行きつ戻りつ文字に変えていけるようになってきたんです。前は選んだ文字に引っ張られて、書きたいと思う文章と少しずつ離れていったのですが、ある特訓でそれが解決できるようになりました。
この、「虎の穴」の特訓方法は、次の機会にわたしが知ってる限りのことはお伝えできると思います。

マロ様
お久しぶりです。
来週、出張で神戸に行きます。
なにげない営業業務報告を書いてみます(笑
またお会いしたいですね。

矢菱虎菱さま
余計なことなのですが、わたしは20代のころ作家を目指しまして、それこそダンボール一箱に収まらないほど駄作を書き連ねていました。小説現代の星新一さんのショートショートランドは毎月、眼を皿のように見てました。自分の名前を見つけたときには作家になれたような気がしたものです。
ただ最近、誰かに認めてもらおうという意識が強すぎると、自分の文章がうっとおしいにおいを放つことにやっと気がつきました。
文章は、そのときそのときのことばの持つ意味を、上手に引き出しあげる手助けをするのが、いちばん理にかなっているのではないか、と思うようになりました。
それが、今回の799字の文章です。
それがいいのか悪いのかまだわたしにはわかりません。
もう少し修行していきたいと思っています。
(矢菱虎菱さんのショートショート、好みです)

おっちーさま
主人公はもちろんわたし自身です(笑
女房殿と庭仕事をしているところの一こまです。
フィクションはそんなにありません。
あ、けっこうカッコつけてますけど。
それって、フィクションか。やっぱり(爆

_ つとむュー ― 2009年06月14日 21時38分23秒

>南仏でセカンドライフを過ごす夫婦のようです。
百吉さん、いいこと書きますね。僕もそんな印象を持ったんですが、なんて表現していいのかモヤモヤしていたところ、このドンピシャの表現。引用させていただきました。

>女房殿とは反対の空を見上げて雨雲を探した。
個人的には、この部分が好きです。照れ隠しをする主人公が、目に浮かぶようです。
視線をずらして主人公の心理面を描写をする。同時に風景の描写にもなるので、その場面が鮮明になるような感じがします。僕も、この文章塾でそういうことを学びました。個人的には、非常に実りある成果だったと思います。

>まだ降らないわよ、とにっこり笑った女房殿から、陽の光の匂いが漂ってくる。
”陽の光の匂い”とは、僕の中では干したばかりの布団の匂いだったので、なんでこの作者はここで”陽の光の匂い”という言葉を使ったのかな?と最初思いました。作品を読み返すと、”菖蒲の白い花を手にした女房殿が”と書いてある。ということは、この匂いとは菖蒲の匂いなのかな・・・?なんて考えているうちに、菖蒲の花を手にした女房殿という愛くるしい映像が、知らぬ間に潜在意識の中に刷り込まれていました。もし作者がそこまで計算して”匂い”という言葉を使ったのであれば、それはすごいと思います。

>「空になった洗濯籠」は「そらになった」と読んでしまいました。
僕も、蝶子さんと同じ間違いをしてしまいました。もし僕だったら、空(から)は”カラ”とカタカナで書いていたと思います。

>他の作品のなかに入るとあれでははずかしい。
横レスになりますが、そんなことはないと思いますよ。個人的には、今回の作品はコマ子さんの作品の中で一番気に入っています。

今、作者さんよりも高緯度地域に来ています。夜の7時半を過ぎてもまだ明るいので、北緯45度を強く感じています。それよりも寒い!寒いですよ。なんとかして下さいよ~(部屋でストーブがんがん焚いてます)。こんな寒い国で長い間、文章塾ごくろうさまでした!本当い感謝、感謝です。明日はやきそば弁当を食べようかな・・・

_ manicure ― 2017年04月10日 21時08分04秒

Thanks for some other wonderful post. Where else may anyone get that type of information in such a perfect means of writing?
I've a presentation next week, and I am at the look
for such information.

_ manicure ― 2017年04月11日 01時15分41秒

Hi, its nice paragraph about media print,
we all be familiar with media is a fantastic source of data.

_ BHW ― 2017年04月12日 19時32分26秒

Heya! I just wanted to ask if you ever have any issues
with hackers? My last blog (wordpress) was hacked
and I ended up losing several weeks of hard work due to no data backup.
Do you have any methods to prevent hackers?

_ BHW ― 2017年04月16日 22時20分42秒

I am curious to find out what blog system you're working with?
I'm having some small security problems with my latest website and I'd like to find
something more risk-free. Do you have any recommendations?

_ Reuben ― 2017年05月02日 08時37分54秒

Precisely what I was looking for, appreciate it for posting.

_ manicure ― 2017年05月04日 07時08分04秒

If some one needs expert view about blogging and site-building afterward i propose him/her to go to
see this weblog, Keep up the good work.

_ manicure ― 2017年05月04日 07時47分57秒

It's in reality a great and helpful piece of information.
I am satisfied that you just shared this helpful information with us.
Please stay us informed like this. Thanks for sharing.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック