#035-0018「ベロニカからの旅立ち」2009年06月01日 18時40分13秒

 見送るベロニカに手をふっていた。そのとき後頭部に衝撃があった。後に、ホームにいた若者が傘でバッティング練習をしたのだと判明した。駅構内で傘を両手でもつことが禁止される以前の話である。ハゲ頭を窓から出さないようにと毎度車内放送があるにもかかわらず……。わたくしは憂鬱になりかけた。女の車掌さんが――あるいはガードマンかもしれない――近づいてきて、赤くなった後ろをなでてくれた。
 わたくしは我をとりもどすと、隣席の『おんなのこの正体』を読んでいる女の子にコエをかけた。制服からするとY谷にあるミッションスクールの生徒だろう。彼女の肩口にはねて黄金色のシミができた。周りの乗客たちはみな気づいて、おかしさをかみ殺した顔でうつむく。ひとりが○ニスをだして踊り出す。わたくしは妥当な範囲の会釈を返した。平成も20年を経過し、挨拶のトレンドも浸透しているのだ。
 驚いたことに、女の子は初体験だったようなのだ。彼女は驚きと怒りのまじった表情でわたくしをにらんでくる。わたくしは言い訳するような気持ちになって、場当たりな質問をした。
「なぜ自分の中に入ってこられるのに侵犯と感じないんでしょうか」。
「自分の部屋に招待するようなものだから」というのが彼女の答え。「許可なく入ってこられるわけじゃないから」
 その答えはゆっくりわたくしの官能のクボミを通過した。ひとに言えない幻想がからだを歓ばせるのを知っている者だけが、想像のなかで彼女にアクロバチックな姿勢をとらせる。もっとも、共有できないものはあるべきだ、とわたくしは思っている者だ。そして、彼女も同じ考えであってほしい、と思っている。そのときすでに恋していたと、言われても仕方がないのであるが。
「サしてから気がつくんです。マチガイに。取り返しのつかない段階になってはじめて。まるで後悔するために生きてるような感じ」
 わたくしの無防備な話しぶりに気をゆるした彼女が口を開いた。
(文字数:800)
名前:

コメント

_ ウラジーミル・コマ子 ― 2009年06月02日 00時35分28秒

展開はスムーズでありながら、辻褄のほうには気持ちがはたらいていないというか、ですから当然読むほうとしては、起承転結感覚が肩すかしをくらって、つまりは面食らって、いいにくいことをいえば、なんというか、コメントしにくい作品です。

_ ヴァッキーノ ― 2009年06月02日 21時25分23秒

同じ型でできたいくつものパズルのパーツを
何種類もテーブルの上に混ぜこぜにばら撒いて、
それで、ひとつの型に納めているような、
なんともエキサイティングな文章ですね。
文章ってなんだろう?
って、考えさせられる作品でした。
夢みたいな。
そうですね!
夢を文章にするって、本当はこういうことなんです。
これは、すばらしい!

_ ukihaji-12 ― 2009年06月04日 13時09分48秒

作者が何を主張したいのか、其の意図が私には年のせいだか皆目解らず、コメントが難しい作品です。 多少惚けたかな!

_ 百吉 ― 2009年06月04日 13時20分30秒

シュールですね。
しかしなんとコメントしていいものやら…。
刹那的な悲哀を感じました。

_ just4u ― 2009年06月04日 19時53分11秒

シュールレアリズム全開の内容ですね。
きっと、わかる人にはわかる、
余談ですが、
「バック・トゥー・ザ・フューチャー」の主人公マーティーが、
ダンスパーティーで、エレキを調子にのって
かきならして、みんなが唖然としている様子に一言した
「君たちにはまだ早い!」というシーンを思い出しました。
時代はもう追いついていますよね、ねっ!!

_ つとむュー ― 2009年06月04日 22時44分06秒

予想もしない語句や言い回しの組み合わせが連続して出てくるので、話がどこに行っちゃうのだろうと思いきや、不思議な統一感があってすごいと思いました。「彼女にアクロバチックな姿勢をとらせる」のところでは、その前の記述の通り、ひとに言えない幻想につい浸ってしまい、しまった!と我に返りました(笑)

>わたくしの無防備な話しぶりに気をゆるした彼女が口を開いた。
会話の後に、この文章で終わる。何か、彼女の話がこの先も続くような印象を受けました。彼女の最後のセリフ「まるで後悔するために生きている感じ」が、余韻のように心に響いています。こういう点は、今後参考にさせていただきたいと思います。

?な点としては、傘を両手で持ってしまうとバッティングではなく、ゴルフのスウィング練習ではないでしょうか?えっ、ゴルフのスウィングでは、車窓からのり出した人の後頭部を打つことはできないって?いや、バッティングでも無理でしょう。できたとしたら、この若者は相当な悪球打ちの名人ですよ。ベロニカに見送られたのがロシアだったら、ホームが低いのでなおさらです。ということで、テニスのサーブ練習というのはいかがでしょうか?(笑)

_ さくさくしゃ ― 2009年06月05日 01時12分52秒

伝えたいものがないのに書く意欲はある、というひとはぼく以外にもたくさんいてほしいと思いますが、しかしそれじゃ書きはじめられませんよね。ぼくの、コメントへの返信はいつもお詫びめいてしまいます。

正体を明石ますとコマッチングコマコ子なのでハヤッテいますので、びっくりしても不思議はありません。でも手加減は不要です。今回が最後なので楽しみましょう。

>ヴァッキーノさん
ことばも、それを操る(すなわち)書くこともつかみきれないろくでなしの私ですが、コメントにはいやされます。夢みる脳と創作のときの脳はなんだか近いような気がコメントを読んでしてきました。

>ukihaji-12さん
すみません、戸惑わせてしまって。主張はしたくない人生を歩んでいます。そのつもりです。主張する人生を歩むひとと敵対しないところで、とつねに願いつつ。

>百吉さん
モズさん、ご無沙汰しています。コメントに内容は要りませんよ。ブラウスに刺繍が要らないように。

>just4uさん
すばらしい芸術家と出会えて興奮しています。文章の世界に革命を起こしてください。

>つとむュ-さん
内在的なコメント、ありがとうございます。こんな読みをしてくれるのは(ハゲ頭を賭けてもいいですが)、文章塾ではあなただけ、といいたい。フィクションは細部が大事だということを大御所は忘れがちです。そこへゲリラのように突入して反省を促そうとしています。妥協をしないで今後ともご指導ください。

_ おさか ― 2009年06月06日 16時25分23秒

ご無沙汰しております、相変わらずのご活躍で何よりです
最初「コエ」がなぜカタカナなのだろうとわからず
二回目に読んでやっと思い至り、目の前が「目玉の話」をよんだときのように黄金いろに輝く思いでした

官能のクボミには何が棲んでるのでしょうか

_ ウラジーミル・コマ子 ― 2009年06月06日 22時57分47秒

>おさかさま
こんなくだらない話を読んでバタイユの思い出に繋げてくださるなんて、おさかさんはどこまで健やかな方なんでしょう。いえ、観音さまです。読む(見る)だけでわれわれをスクッてしまう。もうお会いすることはないと思いますけど、ぼくのこと忘れないでください。

_ 木の目 ― 2009年06月06日 23時03分16秒

今回は金色の貴公子とお呼びいたしましょう。
漱石が山田風太郎にのりうつって夢十夜の続編を沼正三のペンネームで語らせた作品とお見受けしました。
外国文学と国文学を調和し、医学的伝記的エッセンスをふりかけ、ヤプーのさりげない夢十夜、そんな雰囲気をかもし出す文章だと思います。

すみません。漱石も風太郎も正三もじっくり腰をすえて読んだことはありません。聞きかじった解説本の受け売りでした。

それでも文章塾でコメントをするのに、この2年半でおそらくいままでの人生で読んだ本と同じくらいの重量の本を開いたと思います。こんなに文章を勉強したことはありません。でも、身についたかと問われると、コエをかけないで、照ると臭いから、とうつむかずにはいられません。

ありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願いいたします。

_ ウラジーミル・コマ子 ― 2009年06月07日 16時27分07秒

時代の潮流のことなど無視して、なにか新しい、むしろ新奇なことを書きたいと思って、書いた、それがうまくいった場合でも過去の名作たちのモザイク……。つげ義春は私小説しか読まないといったそうですが、その意味がわかるように思う今日このごろです。

しかし気落ちしてなどいません。いろんなモノが時代とともにあるおかげでリバイバルのなかに新しさを発見して楽しむことができます。太宰や漱石はいまもまだ新しい。なぜいまの時代のぼくが新しさを求めて書いたものが黄ばんで見えるのでしょう。新しいところから腐っていく、というのはなにについていわれたのでしたっけ?

文章や書くことの奥深さをともに追究していければ楽しいと思います。今後ともよろしくお願い致します。

_ なぎさひふみ ― 2009年06月08日 04時53分32秒

 新しいとは何か、古いとは何か。
 そしてその狭間にある現実と寄り添いながら知らない振りをする真実。
 どうしても言いたくなるが、言えば終りみたいなまでの悠久の凹凸する生き方。
 人間の不条理と宇宙の真理はいつも夢舞台。

_ ウラジーミル・コマ子 ― 2009年06月08日 21時50分33秒

>なぎさひふみさま
新しいとはなにか、古いとはなにか、その定義のなかに運動や生命があってほしいと願うようになりました。しかし見えるものや見えないものを定着させようとする便利な言葉になぜそんなことが可能なのか。ぼくもいつかは言語による解決を諦めねばならないかもしれません。

_ よっぱ ― 2009年06月09日 18時31分41秒

題名を見たときから、あぁ、今回もこの人はきっと…♪
とおもっておりましたが、やっぱり^^

シスターに聞きたくなりました。
どうして「私」は肥を持っていたのか…(笑)

_ シスター ― 2009年06月09日 22時40分44秒

>よっぱさん
コエはかける人だけが持てます。よっぱさんも毎日かけていられると思います。ぼくはシミを作ってしまうのをおそれるので極力かけるのを避けています。それでいけ好かない奴と思われがちです。今回はそういう日頃の悩みをモチーフに書きました。

それにしてもよっぱさんの間合いは達人レベルです。毎週末ごとよく知らない人たちとパターゴルフをされているからでしょうか。食べ過ぎ飲み過ぎに気をつけてください。

_ 蝶子 ― 2009年06月10日 08時11分11秒

「コエをかけた」のところ、最初から「肥をかけた」と読んでしまいました(笑)。けれど「黄金色のしみ」以外にこの「肥」がもう出てこないのが残念でした。あるいはどこかに匂わせて、いえ臭わせてあるのでしょうか。
彼女は口を開いてなんと言ったのでしょうね。あと三行あれば幸せな気持ちになれたかもしれない、そんな文章でした。

_ ウラジーミル・コマ子 ― 2009年06月10日 16時30分36秒

>蝶子さん
ほのめかす程度をあまりにも抑えすぎて読み取られないことがしばしばあったので、その反省を活かして「コエ」とカタカナ表記にしたのでした。しかし蝶子さんには稚拙なフェイントだったかもしれません。
最初からテーマも内容ないところからの旅立ちでしたが、辛口の蝶子さんにこのような肯定的なコメントをもらえる作品にともかくも仕上がったかと思うと、嬉しさがあります。

_ マロ ― 2009年06月13日 00時58分06秒

「肥をかけた」と「声をかけた」の同音異義を発見したのをきっかけに、このような話の着想を得たのではないか、と僕は考えました。
しかし、そうでなくて欲しい、との裏切りの期待も、心のどこかにあります。

後半部分の、哲学的な問答、というのが僕は好きですね。

_ 矢菱虎菱 ― 2009年06月13日 05時48分56秒

最初、電車の中のできごとなんかなぁ?って読んだんですけど、読み直すと違うかな?って思い始めて・・・単なる深読みかもしれないけれど・・・電車は時間の象徴かなって・・・。
愛していた女性との関係を終わって気持ちに整理をつけることがやっとこさできて、別の女性を愛することができるようになるまでの心の過程を、面白コラージュでシュールに描いているんじゃないかなぁ?って・・・

_ おっちー ― 2009年06月13日 13時53分17秒

 「コエ」については皆さんのコメントを読んでから思い当たりました。鈍感です。
 完全に「声」だと思ったまま読んでいたので、「黄金色のシミ」についてはその直後の記述と合わせて、益々シュールな文章だと読み取った訳です。
 もう僕の理解を超えたところから贈られてきた作品だなあと。
 でも出来上がって、ここに載っている作品は僕の理解できないものではなく、とてもシュールではあるが不思議な魅力のある、演劇で言えば『ナイロン100℃』の作品(?)の様な風袋で僕の前に現れ、僕の中に落ち着きました。
 感じたものは、かなり不安定なものでした。それは個性だと思います。

_ ウラジーミル・コマ子 ― 2009年06月13日 15時31分06秒

>マロさん
マロさん! お久しぶりです。
あ、ということは、どこかにマロさんの作品があるのかな?
気づかなかったけれど。うーむ、どれだろう。

ぼくの脳ではことばの意味と音との絆がゆるいので、声と肥の親戚関係はずっと昔から空気のようにありました。ということで裏切ってしまいました(笑)。

>矢菱虎菱さん
お話しするのは初めてかと思います。ウラジーミル・コマ子と申します。コメントありがとうございました。ムージルを参考にしながら書いたものをバーセルミを参考にしながら推敲(飲酒時)したものを提出しました。ですから虎菱さんの深読みは間違っていなくてはならないのに……不思議な気持ちです。
ぼくの中でうまいひとというとヴァッキーノさんがまず思い浮かびますが、秘宝館を拝見していると、完成度はヴァッキーノさん以上と思うことがあります。いろいろ教えてください。

>おっちーさん
むしろぼくはおっちーさんのコメントを読んで、そうだ! と気づかされました。あそこはカタカナではなく、「声」とした方がよかったと。ぼくは伝えたいものが明確でないので、そして伝えることによる変化に神経質になるたちなので、こんなふうなんです。
『ナイロン100℃』知りませんでした。教えていただいて、ユーチューブで見て笑いました。演劇で笑わされるなんて、初めての経験かもしれません。

_ baby potty ― 2016年10月05日 14時19分24秒

I enjoy what you guys tend to be up too. This kind of
clever work and reporting! Keep up the awesome works guys I've added you guys to my own blogroll.

_ gain weight ― 2017年03月02日 20時30分20秒

We stumbled over here different page and thought I may as well check things out.
I like what I see so now i'm following you. Look forward to going over your
web page yet again.

_ cash companies ― 2017年03月05日 10時00分31秒

I cling on to listening to the reports talk about receiving boundless online grant applications so I have been looking around for the best site to get one.
Could you advise me please, where could i get some?

_ manicure ― 2017年04月02日 20時15分00秒

Appreciate this post. Let me try it out.

_ BHW ― 2017年04月12日 20時27分34秒

Great blog right here! Also your site lots up very fast!
What web host are you using? Can I get your affiliate hyperlink for your host?
I desire my site loaded up as quickly as yours lol

_ BHW ― 2017年04月16日 19時55分30秒

Thanks for your personal marvelous posting! I certainly enjoyed reading it, you are a great author.I will make sure to bookmark your blog and will eventually come back down the road.
I want to encourage you to definitely continue your great job,
have a nice day!

_ manicure ― 2017年05月04日 06時38分07秒

When I originally left a comment I appear to have clicked on the -Notify me when new comments
are added- checkbox and now each time a comment is added I get four emails with the same comment.
There has to be a way you can remove me from that service?
Appreciate it!

_ manicure ― 2017年05月04日 12時36分21秒

Thank you for some other great article. Where else may just anybody get that
type of info in such a perfect way of writing? I've a presentation next week,
and I am on the look for such information.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック