#035-0014「また会いましょう。」2009年06月01日 18時38分59秒

「私が始めてこの文章塾に投稿させていただいたのは、第5回の「ゆき」がテーマのときでした。以来15回までの連続で11回投稿をし、17回から34回の間に8回。文章塾のゆりかごで3回に5作。合計で27作のフィクションを投稿し、皆さんからの暖かいコメントを頂戴いたしました。
文章塾の本を作りましょうというときにも名前だけ参加させていただいて嬉しいことに作品まで載せて頂きました。これは私の家宝になる予定です。
文章塾の素晴らしいところはやはりコメントの存在が一番に思われます。優しいコメント、厳しいコメント、多々頂戴いたしました。誹謗中傷など一切無く、スッと胸に頭に入るような素敵なコメントばかりでした。
おかげで、色々な方のブログやホームページにも立ち寄らせていただくことが出来、投稿していなくても楽しい日々を送ることが出来ました。
その文章塾もとうとう最終回を迎えることになりましたが、ここで知り合えた皆さんがより広い表現への世界へと旅立たれることと思います。かく言う私も今までの人生ではありえなかったフィクションを書くという行為と文章塾で出会い、最近は他の表現方法も模索しているところです。
この文章塾で出会った皆様と、最後までお世話係としてお忙しい中をご尽力いただいた木の目塾長に感謝の気持ちをお伝えしたくてペンを取りました。」

思い出すことが多すぎてとりとめがなくなりそうだった。
初めてフィクションではない自分の気持ちを書いた文章を投稿し郵便局から帰った後、荷造り途中のスーツケースから荷物を全部取り出して、バックパックとカメラバックに必要最小限のものだけを入れなおした。ペンと紙、少しの着替え。必要最小限のカメラとたくさんのフィルム。
そう、旅は身軽な方がいい。
今度はいつ会えるかわからないけど、きっとその頃にはまた新しい何かが始まっているような気がする。
ドアを開けると5月終わりの眩しい光が僕を包み込んだ。

(文字数:800)
名前:

コメント

_ ヴァッキーノ ― 2009年06月01日 23時21分52秒

ボクもまったく同じ気持ちです。
まったく同じ気持ちなんです。
だけど、照れちゃって、それで
・・・・・・すいません。
カメラは旅のお供ですね。
三蔵法師のお供みたいな。
文章塾。
如意棒。

_ ukihaji-12 ― 2009年06月03日 10時52分13秒

私も同感です。塾長様を始め皆様とのコメントで、亦文章の切磋琢磨で楽しい時間を過させて頂きました。誠に残念ですが復の機会を期待して、お待ち致しております。

_ 百吉 ― 2009年06月04日 13時00分22秒

ラストが眩しいです。
本当に、文章塾には誠意ある方々が集い、ネットのコミュニティとして希有な存在でした。
本当に皆様、ありがとうございました。
またお会いできる日を楽しみにしています。

_ just4U ― 2009年06月04日 20時21分28秒

はじめまして、just4U と申します。
今回が最終回となってしまった「文章塾」
こんなタイミングで、初投稿した私。
きっかけは、おっちーさんのブログでの紹介でした。
私のような文章塾初心者の書いた短い物語にも、
皆様から、早々と沢山のコメントをいただき、
ありがたく読ませていただく毎日です。

文章塾の素晴らしいところはやはりコメントの存在が一番

まさしくその通りだと思います。
ありがとうございます。
そして、恐縮ですぅ。

_ ウラジーミル・コマ子 ― 2009年06月05日 13時48分16秒

文章塾への手紙として「フィクションではない自分の気持ちを書いた」……フィクションとして面白く読みました。もうお題を前にしてたのしく悩むこともないのですね。そのさみしい気持ちがすこし開けたはずのトビラから、あふれだす思い出。
いつか会いましょう。(by 岩崎宏美)

_ つとむュー ― 2009年06月05日 22時31分24秒

>今までの人生ではありえなかったフィクションを書くという行為

僕も、まさかフィクションを書くことになるとは思わなかったです。最初はずっとエッセイを書いて投稿していたのですが、突然「小説を書け」というお題が出て、マジびびりました。初めて小説を投稿した時は、ものすごく緊張しましたよ。懐かしい思い出です。

>文章塾の素晴らしいところはやはりコメントの存在が一番に思われます。
そうですね。皆さんのコメントが無かったら、僕も続けられなかったでしょう。僕は最初、「気に入った作品だけコメントすればいいや」という非常に横柄な態度で文章塾に臨んでいたので、第9回でしっぺ返しを食らいました。この時ほど、コメントが厳しく、そしてありがたく感じたことはありません。それからは心を入れ替えて、なるべくコメントを書くように心がけました。理系なもので、つい細かなことが気になってしまって、そんな重箱のスミをつつかなくても~、と思われた方も沢山いるとは思いますが、どうかお許し下さい(ペコリ)。

それにしても面白いコメントも沢山ありましたね~。
僕が勝手に選んだ「自爆大賞」と「ツッコミ大賞」コメントは、以下の2つです。
自爆大賞
http://bunshoujuku.asablo.jp/blog/2006/08/16/485746#c487425
ツッコミ大賞
http://bunshoujuku.asablo.jp/blog/2006/07/16/447040#c454376

_ ウラジーミル・コマ子 ― 2009年06月06日 13時06分37秒

横レス、ごめんください。

>つとむューさん
「自爆大賞」も「ツッコミ大賞」もよくおぼえています。
とくにツッコミ大賞の方は当事者のひとりでしたからね。
そうです、きっかけはつとむューさんへのレスポンスでした。

しまった! と気づいたときにはすでにおそし。
ため息が、目のまえで白いバラに変わっていくようでした……。
いづみさんのあの神業コメントをぼくはたぶん一生わすれないと思います。

_ おさか ― 2009年06月06日 19時53分15秒

ええ、ええ
楽しかったですねー♪
私は最初、賞品目当てで参加したのですが
毎回毎回とてもコメントが楽しみで
いつのまにか結果なんてどうでもよくなっていました

育児に心身ともに疲れ果てていた私には、かけがえのない場所でした
お別れするのは寂しいことですが
惜しまれる場所であったからこそ、希望を持って又歩いていける
その気持ちがまぶしいくらいよく伝わってきます

_ よっば ― 2009年06月06日 20時23分55秒

偶然にもひとつまえの作品に続いて手紙ものですね。
ちょっとやり方としてはズルいような…
ま、いいか♪

_ 木の目 ― 2009年06月06日 21時48分36秒

なんと申し上げていいのやら。
ありがとうございます。

また会いましょう。

昔話の三要素、というのがありまして、
語り手、聞き手、語りの場、だったかな。
聞き手は相槌を打つのがお約束なんですね。
ひょっとすると民謡にある合いの手、と源流が一緒なのかなと学生時代に神謡(上代歌謡)・奉納舞・短歌・俳句などと研究してみましたが、結局さっぱりわかりませんでした。

で、ブログ版文章塾も、書き手、読み手、コメントを出し合う場があったので、命をもちえたのかなと思っています。
その間、インターネットと口承文芸などとまたいろいろと独学で研究してみましたが、結局さっぱりわかりませんでした。

ここからまた、スタートラインですね、きっと。
どんな道が前に広がっていくのか、楽しみです。

_ 木の目 ― 2009年06月07日 13時25分52秒

追伸
いろいろメールをいただきまして、
文章塾のゆりかごというところに記事をアップしました。
http://mayu-kids.asablo.jp/blog/
よければ見てください。

_ つとむュー ― 2009年06月07日 22時03分52秒

横レスですいません。

>コマ子さん
>とくにツッコミ大賞の方は当事者のひとりでしたからね。

あの時のコメントの攻防は、ものすごく見ごたえがありました。いづみさんのツッコミも洗礼されていましたが、コマ子さんの返し?も最高でした。それをあの数分間で瞬間的にやってしまうのですから、お二人の潜在的能力の高さを物語っているのだと思います。

>ため息が、目のまえで白いバラに変わっていくようでした……。

この表現、すごくいいいです!(当時の様子が目に浮かぶようです)。やはりコメントあっての文章塾であることは、間違いないでしょう(笑)

_ ウラジーミル・コマ子 ― 2009年06月07日 23時39分53秒

横レスたびかさねてゴメンください。

>つとむューさん
あのときのいづみさんのツッコミはいま思い出しても息苦しくなります。
MLBでいえば、ランディ・ジョンソンの300勝級の偉業だと思います。
サッカーでいえば、オシムさんのダジャレ、いやそれ以上かもしれません。

つとむューさんにほめていただいたコメントは小林なんとかというシンガーの歌(金曜日の既婚女性の気持ちを描いたドラマの主題歌にもなった)の歌詞から連想したモジリです。カラオケでもむずかしい歌ですので、エレクトーンでも脚がつってしまうのではないかと心配です。

_ いづみ ― 2009年06月08日 09時54分25秒

なんか鼻がムズムズすると思ったら、こんなところで(笑)

楽し~い!今読んでもサイコーに楽しい♪

文章塾 サイバー修行の 非日常

自分は全然変わってないんだけど(^◇^;)文章塾のほうは、ひとまずお開き。発展的解散、という言葉がありますが、あのまぶしい時間を胸に置いて過ごせば、街ですれ違っても、必ずそれとわかるはず。

なーんてね。旅先で会おう!チャオ♪

_ コマンタ ― 2009年06月09日 00時09分20秒

ミタビの横レスでごめんください。

>いづみさん
>なんか鼻がムズムズすると思ったら、こんなところで(笑)
そうなんです、いづみさん。お呼び出ししてすみません。
あのころはそんなこと思いもしませんでしたが、たのしかったですね。
ぼくは、当事者含めだれが読んでもユカイになれるツッコミって
あるんだなあとはじめてのように思ったんです。
終わらせることも大事ですから、ひとまずおしまいです。

 文章塾 あの日のハナは いまいずこ

新しい場所でまたお会いしたく思います。オーボワー!

_ 蝶子 ― 2009年06月11日 08時23分04秒

……と書いて僕はノートパソコンをぱたんと閉じた。

とせずに郵便になさったところが憎いです。
相変わらず、切れがいいですね。

また、ご活躍のご様子などお聞かせいただける機会があることを祈っています。

_ 作者 ― 2009年06月11日 19時13分41秒

皆様の暖かいコメント。本当にありがとうございます。
また一つ宝物が増えたような気持ちです。

ところで蝶子さんは、きっと私と誰かを勘違いなされているような気が致します。

_ 蝶子 ― 2009年06月11日 19時52分38秒

実は私の中で候補者がお二人あって、どちらであっても差し支えないようなコメントをさしあげたつもりでしたが……偏りましたかね(笑)。カメラとおっしゃっているのできっとあの方、でも筆致はなんとなくあの方かも……とこんなことを書いていて、三人目の候補者の名前が浮上しました。
ま、いーか♪

_ 作者 ― 2009年06月11日 21時41分43秒

あ、当たりだ。
最後の〆で正解を予感いたしました。

_ マロ ― 2009年06月13日 00時17分55秒

そうですね。コメントが良かった。確かに。

自分が書いたものよりも、それに続くコメント群の方が面白かったり、人によって見方が違うなーと勉強になったりしました。

たくさんのものを得たなぁ。

_ 矢菱虎犇 ― 2009年06月13日 05時11分58秒

フィクションを書いてきた人がフィクションを脱ぎ捨ててストレート勝負をしてきた!という潔さをヒシヒシと感じます。
読み手(バッター)である僕は、アッこう来たか!と思った時にはキャッチャーミットにズパン!
文章塾に思い入れのある方ならばこその直球勝負に手も足も出ませんでした。

_ おっちー ― 2009年06月13日 10時49分43秒

 うーん、蝶子さん、3人目の候補者ってどなたですかあ?

 ……そんなことはよろしくって、作品です。
 気持ちが沢山詰まった作品ですね。
 塾生皆が思っている事をそのまま代弁して下さったものと感じています。
 ありがとうございます。
 僕も本当に沢山のものを頂きました。
 さあ、これからが新しい旅立ちです!

_ quality stair ― 2016年06月06日 11時47分25秒

Great blog! I am loving it!! Will come back again. I am taking your feeds also

_ underpants liberals ― 2016年10月05日 19時12分17秒

hey there and thank you for your information ? I've definitely picked up something new from right
here. I did however expertise several technical points
using this website, since I experienced to reload
the site many times previous to I could get it to load properly.
I had been wondering if your web hosting is OK? Not that I am complaining, but
slow loading instances times will sometimes affect your placement in google and can damage your high-quality score if ads and marketing with Adwords.

Anyway I'm adding this RSS to my e-mail and could look out for a lot more of your respective
fascinating content. Make sure you update this again soon.

_ easy exercises ― 2017年03月02日 09時56分01秒

When someone writes an post he/she retains the image of
a user in his/her mind that how a user can understand it.

Therefore that's why this post is amazing. Thanks!

_ manicure ― 2017年04月02日 16時49分45秒

I really like reading through an article that will make men and women think.
Also, many thanks for allowing for me to comment!

_ manicure ― 2017年04月10日 20時53分28秒

Hello! This is kind of off topic but I need some guidance from an established blog.
Is it very difficult to set up your own blog?
I'm not very techincal but I can figure things out pretty quick.

I'm thinking about creating my own but I'm not
sure where to begin. Do you have any ideas or suggestions?
Thanks

_ BHW ― 2017年04月16日 11時12分27秒

Hey I am so glad I found your site, I really found you by mistake, while I was searching on Yahoo for something else, Anyways I am here
now and would just like to say thanks for a incredible post and a all round
thrilling blog (I also love the theme/design), I
don't have time to go through it all at the moment but I have saved it and also
added your RSS feeds, so when I have time I will be back to read more, Please do
keep up the great work.

_ manicure ― 2017年05月04日 11時39分41秒

Excellent blog post. I absolutely love this site. Keep writing!

_ manicure ― 2017年05月04日 23時09分13秒

No matter if some one searches for his required thing, thus he/she needs to be available that in detail, so
that thing is maintained over here.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック