#035-0012「A demain!」2009年06月01日 18時38分07秒

 毎朝通る小さな交差点。信号待ちをしていると、同じ時間に必ず向かい側で信号を待っている人がいる。その人とすれ違う一瞬が、ジャンは好きだった。何か考えごとをしているような、信号を見るでもなし、歩行者を確認するでもなし。青に変わると、少し諦めたような表情になる。きっと職場がここから近いのだ。ジャンはそう思っていた。また一日仕事だわ、なんて思っているのだ。声をかけたいけれど、十時から始まる朝イチの授業に遅刻するわけにはいかないのでナンパをしようか迷っている場合ではない。
 その朝は交差点を過ぎた路上でその人の姿をみとめた。と思ったら、すぐ前を歩く老婆が転んだ。ジャンはすぐさま近寄ったが、彼女が自転車を停めて老婆を起こすほうが早かった。掌に血がにじんでいる。彼女はタオルハンカチを取り出し掌に当てた。老婆は恐縮したが、子どもの古いハンカチだから平気ですよ。ジャンは彼女の明朗な声が子どもと発音するのをはっきり聴き取った。
 老婆がよたよたと去ったあと、彼女はジャンを振り向き、いつもすれ違いますね、学校ですか、お仕事ですかと訊いた。あ、はい、仕事で学校……て、その、フランス語教えてます。きっといい先生ね。彼女の言葉にジャンのこめかみが熱くなる。でも、もう終わりなんです今週で、ぼく、フランスに帰るので……。
 あら、残念ね。微笑んで彼女は自転車にまたがって行こうとした。一瞬のためらいののちジャンは、アトンデ!と叫んでいた。キキッとブレーキ音がして彼女が振り返る。待ってください、えっと嘘です今の。ぼく明日もここ通ります、これからもずっと。彼女は訳わからんと言いたげな表情ながら、そう、じゃ、アドゥマン! と、さっきと同じ微笑みを見せて走り去った。ジャンは、今朝の授業サボってもいいかななんて考えもよぎったが、スィコンモワともぐもぐつぶやいたあと、よっしゃあ!と今度は日本語で大声を出し、力いっぱいペダルを踏んだ。
(文字数:800)
名前:

コメント

_ なぎさひふみ ― 2009年06月01日 22時36分23秒

 きらめきとは風のように、ときめきとは夢のように。
 息する夢の素晴しき、触れ合うことの宇宙の奇跡。この世は物理的確率を無視するかのような出来事がある。さもありふれたような顔をして、偶発的一致の奇跡へと誘う。
 宇宙の摂理とは、愛の愛ならしめる当然の推移である。言葉を換えて言えば、人の自由意志の発露である。それは逆説的に選択の猶予を待たない。だから運命なのだ。わたしとあなたの愛のように。

_ ukihaji-12 ― 2009年06月03日 05時52分39秒

出会いと別れが、風の様に速く過ぎ様としている。もう少し時間が欲しいが、既婚者とは残念至極なり。

_ 百吉 ― 2009年06月04日 11時52分29秒

せんせー さぼっちゃダメです。

そっか、これは私たちに向かって発せられた言葉なんですね。
A demain!

_ ウラジーミル・コマ子 ― 2009年06月05日 13時30分41秒

スィコンモワというのは、独身だったらなあという意味なのかなあ。
フランス人の若者はこういうパッショネルなことで簡単に仕事を休みかけたりするのですね。さすが愛の国フランス。その日彼女はたまたま自転車だったように読めますが、ジャン君がそのことを気にもとめていないのを不思議に感じたのはぼくだけでしょうか。

_ just4U ― 2009年06月05日 20時48分33秒

「A demain!」 = 「またお会いしましょう」
フランス語は、ほとんどわからないので、
Googleでググって、意味を調べました。
無駄のない日本語と外国語の使い方に
センスの良さを感じます。
男性だったら、ジャンに感情移入し、
女性だったら、彼女に感情移入して、
読むと、いつしか物語の主人公に同化している。
「旅立ち」というお題にフランスの日常で、
見事に答えた素晴らしい作品ですね。
知性を感じる作品なので、私も一生懸命
知性的なコメントになるように、書き込んで
みました。恐縮ですぅ。

_ ジャン ― 2009年06月06日 10時14分34秒

Bonjour! Ca va? Oui, c'est vrai que j'etais tres interesse a cette dame. Mais c'est aussi vrai que j'etais toujours presse pour ne pas rater mes cours, alors j'avais pas du temps. "スィコンモワ" est "j'suis con moi" veut dire "オレってバカだな" a peu pres... Merci a tous. A demain!

_ よっば ― 2009年06月06日 20時07分09秒

いつもの交差点や、いつもの電車やバスなど朝のよくあるホンワカとした淡い恋心の入り口を外国語を交えることでより都会的な雰囲気が出ていて良いと思います。
最後のよっしゃがまたグーですね。

_ おさか ― 2009年06月06日 20時08分40秒

ふおー、カッコイイですねえ、フランス映画みたい・・・
最後によっしゃあ!と気合を入れるジャン先生、なかなか素敵です♪

_ 木の目 ― 2009年06月06日 21時18分46秒

ふ、ふらんす語がわかったら、き、きっと、もっと、面白いんだと思うんですが、なにせ、津軽弁も、よくわからんもんでして。
あだまもぢいぐね
でも、井上ひさしの吉里吉里人を読んだときのような新鮮な面白さがありました。

_ つとむュー ― 2009年06月06日 22時50分26秒

>ジャンは、アトンデ!と叫んでいた。キキッとブレーキ音がして彼女が振り返る。

彼女が振り返ったのは、”あとで!”と聞こえたからではないかと、バカなことを考えてしまいました(スイマセン)。最後にジャンが日本語で感情を表現するところなどは、シーンが目に浮かぶようで良かったです。

この作品では、彼女もジャンも自転車に乗っている設定になっています(ですよね?)。でもそれは、中盤以降に明らかになります(ジャンに至っては、最後の”力いっぱいペダルを踏んだ”というところで、ああジャンも自転車に乗っているんだ、と気づきました)。おそらくそれは作者の演出なのだと思いますが、個人的には最初に明らかにしてもらった方が良かったのでは?、と思いました。というのも、中盤の”彼女はジャンを振り向き、いつもすれ違いますね、学校ですか、お仕事ですかと訊いた”という部分が、少し不自然に感じてしまったからです。もし、彼女は自転車で、ジャンは歩きだったとしたら、いつもすれ違うことを彼女は覚えているかなあ?と思ってしまいました。二人とも自転車だったら、彼女がジャンのことを気に留めていても不思議ではないと思うので、それを最初に知っていれば、この部分はすうっと心に入って来るような気がします。
これで最後の文章塾なのに、長々と書いてしまってすいませんでした。

_ ジャン ― 2009年06月09日 18時31分01秒

Bonsoir, comment allez-vous?
"アトンデ" est "Attendez". Ca veut dire, en japonais, "待ってください".
Mais vous avez peut-etre remarque que cette dame avait compris ce que j'avais dit! N'est-ce pas, elle comprend le francais!
Pour aller au travail, je suis en velo, et elle aussi. Je croyais que c'est normal ou tres ordinaire ici, c'est pour ca je n'ai pas ecrit le mot "自転車" au debut. En plus, on est pas cyclistes, et y a pas la piste pour le velo ici, on va tres lentement, alors donc en velo ou a pied, on s'en fout!
Merci en tout cas! A demain!

_ マロ ― 2009年06月12日 00時51分08秒

ジャンという人物は、過去にも見た(読んだ)記憶があるのですが、違ったかな??

交差点での時間すれば数十秒の出来事を、見事に切り取って、最後までささーっと読ませますね。さすがの腕前です。

注文をつけるとするなら、最後の段落。
ジャンのとっさのフランス語。通じないはずが、実は彼女はその意味が分かっていて、フランス語で返す。
というのを、もっとはっきりさせれば、さらにカッコイイ文章になったかなと思いました。

フランス語で呼び止めて、日本語で弁明、というのではなく、フランス語で彼女に対して好意を示す言葉を吐く(ジャンは、彼女はフランス語は分からないと思っている)。
それに対して、彼女が、フランス語で返す(ジャンおどろく)

という展開が、個人的に好みだなー

_ ジャン ― 2009年06月12日 20時01分20秒

Bonsoir! Il faisait beau aujourd'hui, n'est-ce pas?
Ha, ha, ha! C'est un peu cinema, si je fais cela parce que ce n'est pas du tout francais!
Eh oui! On va voir. A demain!

_ 矢菱虎犇 ― 2009年06月13日 03時51分16秒

フランス語の素養のない自分は作品だけ読んでもチンプンカンプンでした。やはり作品は作品だけで勝負、コメントでわかっていくのはどうでしょうか?
それと、僕は自転車ツーキニストなんで、自転車通勤の交差点で出会う場面はリアルに思えないんです。
電車やバスで通勤して駅やバス停から歩くとほぼ同じ時間に同じ交差点で出会うことはありうるけれど、自転車同士で通勤して同じ交差点で毎日会うことは現実にはありえないです。体調や気分次第で速度は変わるし、信号待ちするより次の交差点で渡ろうなんてざらですから。
また、交差点で自転車同士乗ったまま対向車とすれ違う時間は、歩くときと違って一瞬です。アクシデントなしで声を掛ける間はありません。もし、自転車をおしていたとすると、そのあとの「自転車にまたがって行こうとした」と矛盾します。
少なくとも文章のはじめの方で自転車通勤であることが明らかになっていないと、読者は徒歩での出会い場面をイメージしてしまいます。最後のペダルのくだりで、自転車に乗っていたイメージで読み直すことになってしまうのです。
辛口のコメント、すみません。もし私が根本的に読み間違えているのなら後学のために教えてくださいね、日本語で・・・。

_ つとむュー ― 2009年06月13日 08時48分11秒

僕のコメントの後にジャンさんがコメントしてくれています。
http://bunshoujuku.asablo.jp/blog/2009/06/01/4335303#c4354968
でも、僕はフランス語がわからないのでさっぱりなのですが、最近はネットで翻訳できるので便利ですね。直接日本語に翻訳すると日本語がむちゃくちゃになっちゃうので、まずは英語に変換してみました。

Good evening, how do go you?
"アトンデ is ""Wait". does That want to say, in Japanese, "待ってください"?.
But you have remark that this lady had understood this maybe that I had said! Is not this, she/it understands French!
To go to work, I am by bicycle, and her also. Did I believe that it is normal or very plain here, it is for that I didn't write the word "自転車 "in the beginning. In addition, one is not bicyclists, and doesn't have there tracks it for the bicycle here, one goes very slowly, then therefore by bicycle or has foot, one makes fun some!
Thank you in any case! To tomorrow!

英語もヘンテコですが、なんとなく言いたいことはわかりました。
”アトンデ”は”待ってください”という意味で、彼女はフランス語がわかっていたらしい。作者は自転車通勤なので、自然とこのような作品が出来上がった。舞台となった街は歩道が狭いので、自転車の人も歩きの人もゆっくり通行してる”という感じでしょうか?(かなり意訳しました)

_ おっちー ― 2009年06月13日 09時10分23秒

 ん? 結局「スィコンモア」は「オレってバカだな」って意味なんでしょうか。
 この言葉だけいくら検索してもヒットなしだったので、作者さんのコメントから推察したのですが、あくまで推察に過ぎず、少し心残りにはなっています。
 アイテムの使い方や、フランス語のアイデアがお洒落ですね。
 ただ、皆さんもおっしゃっている方がおられる通り、言葉の使い方、設定の伝え方に、多少問題点も見受けられます。
 例えば、

> 信号を待っている人
> その人

 の、「人」という言葉。
 この言葉が使われた時点では、この「人」が男性であるのか女性であるのかは読者に分かりません。
 そして、かなり物語が展開してから、「彼女」という言葉が初めて使われて、ジャン(は名前から男と分かります)の気持ちに確信を持てる。
 そう、「ナンパ」とか「~だわ」の言葉遣いを読んだ時には、自分の気持ちに疑問符を持ちながらの読解になるのです。
 ですから、僕は始めから、女性であることが分かった方が感情移入し易いと感じました。
 以上になります。
 ではでは。

_ 矢菱虎犇 ― 2009年06月13日 16時00分04秒

つとむューさん、フランス語がさっぱりわかんない僕のために、ダブル翻訳&意訳解説、恐れ入ります。ありがとうございます。なるほど・・・自転車通勤が自明なので書かなかった・・・なるほど・・・細い歩道で自転車がゆっくり・・・なるほどです。
辛口のコメントを書くからには責任があると思うんで、今日はずっとこの文章のことを考えていました。
そして、自分の感じる違和感の正体に気がつきました。
転んだ老婆を自転車を降りて助けようとする二人であれば、そして、老婆に子供のハンカチを渡す女性であれば、この状況では、老婆をよたよた去るままにせず、まずは交差点から歩道へと避難させるはずではないでしょうか?
老婆は血がにじむ怪我をするほど転んでよたよたしているのですから、この二人がそのままそんな状況の老婆を立ち去らせるままにするはずないと感じるんです。まずは抱き起こして支えるようにして速やかに安全な歩道に避難させてから会話をする・・・そういう流れが自然ではないでしょうか?ジャンさんが自転車を二台運んだり、信号が変わっても自動車を制止したり、そういう状況がリアルなんじゃないでしょうか?
スミマセン!「A demain!」 という作品を使わせていただいて勉強しているつもりです。どうぞご教示くださいませ。

_ ウラジーミル・コマ子 ― 2009年06月13日 16時49分28秒

横レス失礼します。

>矢菱虎犇さん
老婆にたいする態度に違和感をかんじていられる虎犇さんにぼくは共感します。もっとも作者は、老婆が転んだのは交差点上ではない、と反論すると思いますが(「その朝は交差点を過ぎた路上で」とあるので)。

この作品に作者はあまり力を注がなかったのではないか、という印象をぼくは抱いています。それで、違和感はいくつかあったのですが、生産的な答えが返ってくるとも思えなかった。

虎犇さんは地の塩です。ぼくは目がさめ、共感しながら後ろめたい気持ちです。

_ 矢菱虎犇 ― 2009年06月14日 04時21分54秒

ウラジーミル・コマ子さん、
うわわわわわっ目からウロコです!なるほどそのとおり、「その朝は交差点を過ぎた路上」なのですね!読めてないなぁ!僕は!ご教示いただいたウラジーミル・コマ子への感謝の気持ちと作者さんへのお詫びの気持ちでいっぱいです。
第1段落を僕はジャンさんと彼女の紹介であると同時に舞台設定の説明として、勝手に交差点ですれ違うイメージを作ってしまっていました。「毎朝」「必ず」だから、もう二人が交叉するのは交差点上でしかありえないと・・・。それで、この日だけ特別に「交差点を過ぎた路上」であったことをものの見事にすっ飛ばして交差点での出来事として読んでしまったのです。いやはやとんだウツケものです。一度そうやって読んでしまうともうその固定観念ができてしまって何度読んでも自分では気がつけなくなってしまう、恐ろしいことです。でも、人から指摘されないとなかなかわからないものですよね。よね?
あらためて読み直すと、僕が指摘した、自転車だと毎朝交差点でちょうどすれ違うのはありえないというのは作者自身かわかっていらっしゃるからこそ、路上ですれちがうこともあるわけです。また、老婆を介抱するくだりも路上であれば指摘したような行為はなくて当然なわけで・・・。
今回、勇気を出して辛口コメントを発信したおかげで、いい勉強をさせてもらいました!恥ずかしかったけど・・・文章塾、万歳です!
ウラジーミル・コマ子さん、ありがとうございました。
作者さん、ごめんなさい。

_ ウラジーミル・コマ子 ― 2009年06月14日 22時10分04秒

この作者は、http://midi.asablo.jp/blog/のなかの、
「adieu C 1/2」と「adieu C 2/2」とからなるお話しを
編集して作品にしていると推測することが可能ですが、
その生成過程に対して技癢の念をいだいたわたしは、
無謀にも自分なりの編集を試みました。
お目汚しになりますが、発表したいと思います。

まず字数制限のために文字を削りました。
削りすぎて800字に満たなくなったところに
わたしの実力があらわれています。
削った上で、
つながりに自然さをとりもどすために足した部分は(  )で示しました。
ご批評いただければ幸いです。

-----
( )(自転車を止めて)信号待ちをしていると、通りの向こう側で(やはり自転車にのって)信号を待っている人がい(る。)きっとこの交差点を越えたら職場が近いのだ、ジャンはそう思っていた。
( )毎日のリズムができて、余暇もでき、ようやくこの国、この町の人間になれた気がしている。毎朝すれ違う彼女がいい表情をしていると、ジャンもその日一日、調子がいい。
( )その日は交差点を少し過ぎた場所でその人の姿をみとめた。と思ったら、彼女の前(の)老婆が(ころんだ)。ジャンは即座に自転車を止めて駆け寄ったが、彼女のほうが早かった。
( )掌からちょっぴり血が出ている。彼女はティッシュでそれを拭き、バッグからタオルハンカチを取り出した(。)子どもが使っていた古いものですから。ジャンは彼女の明朗な声が子どもと発音するのをはっきり聴き取った。
( )老婆がよたよたと行った(。)いつもすれ違いますね、学校ですか。あ、はい、……フランス語教えてます 日本語がお上手ね、もう長いことお住まいなのね。でも、もう終わりなんです今週で、ぼく、日本からフランスに帰るので……。
( )あらせっかくお喋りできたのに(。)彼女は自転車にまたがって行こうとした。ジャンは、アトンデ!( )と叫んでいた。えっと嘘です、今の。明日もここ通ります、これからもずっと。
( )そう、じゃアドゥマン(。彼女は)微笑みを見せて走り去った。
( )ジャンはスィコンモワともぐもぐつぶやいたあと、よっしゃあ!( )と今度は日本語で大声を出し、力いっぱいペダルを踏んだ。
-----
これをもってわたしの卒業論文とさせていただきます。
審査のほうよろしくお願いします。

_ midi ― 2009年06月16日 13時18分43秒

みなさんはじめまして。初参加のmidiです(←嘘です)

途中、ジャンに仏語で書き込みさせたのでややこしいことになったかも、と反省はせずに舌を出しております。今回は、あーでもないコーでもないと、いろいろと考えてほしかったんです。ただ、別に複雑な話にはしておりませんし、含みも持たせておりませんで、細部にこだわらない人はすーっと読んでしまわれたと思います。
途中にフランス語を片仮名で挿入していますが、基本的に言葉の意味がわからなくても大筋に関係はなく、気にしないでなんとなくわかったつもりで読んでくださったかたも多いのではと。

下書きでは冒頭に「ジャンは自転車通勤である。」と書いていたんです。もしかしてその下書きをあらかじめ読んでくださった人が、この「A demain!」を読まれたら当然自転車通勤を前提に読まれます。が、そうではないかたも居られます。そこが、書き手としては楽しみにしていたところでした。
「ジャンは自転車通勤である。」は削除しました。
「ジャン」が「その人」を形容するときの「歩行者を確認するでもなし。」で、少なくとも歩行者ではなく何かに乗っていること表現できていると、浅はかな書き手は思ったのでした。「その人」表情も描写しているので、ヘルメットを着用するバイクだったり、ガラスを介する自動車だったりするとそうは観察できないだろうと、なら自転車かな、と想像していただけると思いました。

また、どなたかが「人」では性別が不明であることを指摘されました。日本語ですよね、こういうところって。「その女は」「その女性は」「その女の人(子)は」「その婦人は」――と、女性であることを示すには幾通りもの方法がある一方で、どれもしっくりこなかったんですよね。最初は「人」としておいて、あとからどっちか判明するように書く方法も、一つの手だと思ったので、こんなふうにしました。「また一日仕事だわ、なんて思っているのだ。」ですぐわかっちゃうし、まあいいかと。

また、後段の展開の仕方についてのご意見もいただきました。
フランス人には(私の知る限り)日本人が持つ「内気」とか「照れ」「遠慮」とかいう美徳が一切ありません。口からでまかせを言う。その場限りの言い訳をする。聞こえないように悪口を言う。以上は非常に得意としています(私の知る限り)。
相手が仏語を理解しない場合、そして相手の言語で話す能力がある場合。
ポジティヴなこと(好意や恋心、感謝の意など、偶然でも相手に伝わればラッキー、なこと)は、絶対に相手の言語で話そうとします。
逆に、てめーなんか死んじまえ、みたいな悪態やそれに準ずること(聞かれたらまずいこと)は、相手にはわからない言葉で口にするんですよね。臆病もんですよね(笑)。でも、私もそうだけど(笑)。

マロさんの好みの展開にならなくて、すみません(笑)
矢菱虎犇さん、ちんぷんかんぷんな思いをさせてごめんなさいね。落ち着いて読んでくださったら、ややこしいことは何もなかったと思うんですが、どう?
私も自転車通勤で、この話はよくすれ違うガイジンさんがいるので思いつきました。
矢菱虎犇さんはけっこう遠距離を通勤なさっているのではありませんか?
私は近いんですよ。たぶん、ジャンのモデルのガイジンさんもそう。通る交差点が一箇所しかないから、迂回しようがないのです。
コマ子さん、嬉しい試みありがとう。でも少しきれいにまとまりすぎた感じがしなくもありません。卒論としては及第点かもしれないけれど(笑)。

つとむューさん、おっちーさん。
ジャンのコメントの和訳を下に掲げます。お手数かけて、すみません。考えてくださって、ありがとうございました。

ジャン 1個目
こんにちは、元気? そうなんだ、すっごくこの女性に興味があったんだよね。でも僕も授業に遅刻しないようにすっごく急いでるし、声かける時間ないんだよね。「スィコンモワ」っていうのは「j'suis con moi」(訳注:je suis con, moi=ジュスィコン、モワの最初の二語が短縮した形)で、だいたい「オレってバカだな」くらいの意味なんだ(訳注:すっごく汚い表現です)。ありがとう、みなさん。じゃ、明日ね!

ジャン 2個目
こんばんは、みなさんいかがお過ごしですか?
「アトンデ」は「Attendez」です。日本語では「待ってください」です(訳注:状況や発話者によっては「待たんかい!」にもなりますけどね)。
でも、お気づきかと思うんですけど、この女性、僕が言った言葉、わかったみたいでしょ。違うかなあ、彼女、仏語わかるんですよ!
通勤には自転車を使ってます。彼女もです。この町ではこれが普通で、ごく一般的なことだと思いこんでたんで、最初から「自転車」という言葉は書かなかったんです。それに、いわゆるロードレーサーじゃないし、ここには自転車専用レーンもないし、誰もがゆっくり転がしてるんで、自転車か徒歩かはどうでもいいと思いました。
いずれにしても、ありがとう! また明日!

ジャン 3個目
こんばんは! 今日、すっごくいい天気だったよね、そっちもそう?
ははは! それ(マロさんの好みの展開)は現実味がないよー。フランス人じゃなかったらそうしたかもね!
ま、そういうことで、後日説明します。また明日ね!

大変お騒がせしました。
みなさんごきげんよう。

_ shoe lifts shop ― 2016年09月10日 12時41分47秒

I am actually grateful to the holder of this web site who has shared this wonderful paragraph at
at this time.

_ right footwear plays ― 2016年09月28日 15時48分12秒

Thanks for every other magnificent post. The place else could anyone get that type of information in such a perfect
means of writing? I've a presentation subsequent week, and I'm on the search for such
information.

_ foot pain problems ― 2016年09月29日 11時20分27秒

You have made some really good points there.
I looked on the internet for additional information about the issue and found
most individuals will go along with your views on this website.

_ sneakers arrive ― 2016年09月29日 14時37分38秒

Hello There. I found your blog using msn. This is a very well
written article. I'll make sure to bookmark it and come back to read
more of your useful information. Thanks for the post.
I will definitely comeback.

_ infection itching ― 2016年10月05日 10時29分09秒

Hi, Neat post. There's a problem with your site
in web explorer, could test this? IE still is the market leader and a
large part of other folks will pass over your wonderful writing
because of this problem.

_ male yeast infection cure ― 2016年10月05日 11時21分10秒

I will right away clutch your rss as I can not to find your email subscription hyperlink or
e-newsletter service. Do you have any? Kindly permit me recognize so that I may subscribe.
Thanks.

_ four primary weight ― 2017年03月02日 17時43分57秒

I'm not sure where you are getting your info, but great topic.
I needs to spend some time learning more or understanding
more. Thanks for great information I was looking for this information for my mission.

_ manicure ― 2017年04月10日 21時12分17秒

Quality posts is the secret to attract the
people to pay a visit the site, that's what this web site is providing.

_ BHW ― 2017年04月12日 20時21分42秒

These are in fact impressive ideas in regarding blogging.
You have touched some good points here. Any way keep up wrinting.

_ BHW ― 2017年04月16日 14時49分25秒

Very good post. I certainly appreciate this website.
Thanks!

_ manicure ― 2017年05月04日 07時07分31秒

I like what you guys are usually up too. Such clever work and
coverage! Keep up the very good works guys I've added you guys to my personal blogroll.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック