#035-0004「紀伊半島」2009年06月01日 18時35分30秒

 他愛のない話を書き綴って約三年、遂に最終回とのお話に愕然としています。この場を提供して頂いた木の目さまにあつく御礼申し上げます。またコメントを頂いた多くの皆さま有難うございました。

今回のお題のヒントを得ようと旅番組にチャンネルを合わせるようになりました。先程も「榎木孝明が描く風景~日本の世界遺産」を視ていました。そこには日本各地を絵筆を持って巡る榎木の姿がありました。

 ビックリしたことには、何とも懐かしい熊野大社や高野山が映し出されたのです。あれは五十年位前のことです。名古屋に転勤になり、郊外の自動車工場の事務機器保守要員として一人で駐在していた時のことです。突然、学生時代の友人Aが現場を訪ねてきました。別会社に勤めていたAは「お前も夏休みを取って俺と付き合え・・」と仕事の邪魔をするのです。一日中、金魚の糞のように付き纏うのには参りました。

 大車輪で当座の仕事を片付け、何とか休暇を貰うことが出来ました。当時としては珍しかった自家用車で紀伊半島を一周することになりました。夕方だったので長島温泉に一泊し、松坂、二見浦、伊勢神宮などを巡って尾鷲近くまで走っていた時のことです。前方の路上に見慣れた顔の御仁が子連れで歩いて来ました。直ちに急停車し、暫し歓談して車に戻ると「お前ずいぶん顔が広いなぁ・・」と感心する友人A。「なに言ってるんだ。俺の課長だよ。実家へ帰って来た所だって・・」

 知遇ならぬ奇遇に驚きました。普段は月一の給料日にしか会わない人でしたからビックリ。それから二十年後、あの時の息子さんが私と同じ部署に入社して来ました。名古屋、大阪、東京と渡り歩いてきた私にも親父さんそっくりの風貌は見ただけで懐かしくなりました。彼はきょとんとしていましたが、前世で何かのご縁があったのかも知れませんね。

 木の目さまに何時の日か又お逢いできることを期待してペンを置きます。長い間どうも有難うございました。
(文字数:800)
名前:

コメント

_ ウラジーミル・コマ子 ― 2009年06月01日 21時28分38秒

つなぎ方がうまいと思いました。料理人の周冨徳氏がいっていた「味、おぼえちゃえよ」ということばを思い出しています。思考と文章とがハーモニーをつくるように一体になることの不思議さをあらためてかみしめています。

_ ヴァッキーノ ― 2009年06月01日 21時45分25秒

読んでいて、とても味わい深い感慨が、
こっそり歩きで近づいてきて
それに気づいて、ボクは振り返ってしまいます。
導入から、最後までズラッといきました。
ただ、ペンは置かなくていいです。
なんか書き続けてください。

_ ukihaji-12 ― 2009年06月02日 13時29分23秒

紀伊半島一周の旅、さぞかし楽しかった事でしょう。人生とは不思議なものですね、寄寓にも何処でどの様にして繋がるか分かりません。未知数の出会いも亦楽しからずや、と言う事でしょうか。

_ よっぱ ― 2009年06月03日 22時28分28秒

こちらも約50年前のお話ですね。
最終回というシチュエーションが懐かしい話に繋がっていくのでしょうか。
ウラジミール・コマ子さんも書いておられますが、話の繋がり方が本当に素晴らしいと思います。

_ 百吉 ― 2009年06月04日 11時13分59秒

何気ないエピソードなのに、感じるところが多い作品でした。
文章塾でお会いできたのも、なにかのご縁ですね。
ぜひこれからも、旅のアルバムを開いて見せてください。

_ なぎさひふみ ― 2009年06月04日 16時48分19秒

 何も飾らない思い出話が、なぜか癒しの波動を放っている。それは作者の心がそのままに文章になったのだろう。 
 強調こそが現代においての、ひとつのアンチテーゼにはならないのだろうか。個別が普遍に通じる道は、何気ないエピソードに寄り添っている。

_ マロ ― 2009年06月05日 00時19分29秒

 なるほど人の縁とは奇遇なもので、そうやって縁がつながっていくのもまた人生の醍醐味なのかも知れません。
 しみじみと振り返るのも、また一興ですね。

_ 木の目 ― 2009年06月06日 11時26分08秒

わたしの父と同世代なのだと思います。
「男の生き様」と「マイホームパパ」の二律背反を生きた世代。
わたしの子供たちがもう少しで社会に出ようとしています。
縁はどのようにつながっているのかは見ないですが、確かにつながっているようです。
因→縁→果
私の鈍い頭では捉えようもないのですが、ある思いがこの先、結果を生み出すのだと信じています。
お会いできることを楽しみにしております。

_ おさか ― 2009年06月06日 13時52分45秒

エッセイのお手本のような・・・いや、手紙にしてもこんなに心のこもったものは難しいと思います
しかも最初と最後にあいさつ文まで入れて
これほどの内容を・・・すごいです
他の皆様も書いておられましたが、ペンを置く、ことはないと私も思います
どうぞ書き続けてくださいませ

_ just4U ― 2009年06月07日 12時13分40秒

皆様、すべて、良かったです。~せっかくですので、
コメントさせてください。
それにしても「紀伊半島」 は完成度が高い。

「榎木孝明が描く風景~日本の世界遺産」をもじって、
「作家たちが描く心象風景~文章塾という踊り場♪の記録遺産」

文章塾最終回にはじめて投稿したjust4Uです。恐縮ですぅ。
私にとって、文章塾は、皆様の作品は、もう宝箱です。
このような素晴らしい塾をもりあげ、続けてきた皆様を
尊敬いたします。

ありがとうございました。さようなら。

_ つとむュー ― 2009年06月07日 22時45分00秒

今年は、紀勢本線全線開通50周年記念の年なんだそうです。
http://recommend.jr-central.co.jp/kisei/index.html

この作品も50年前の話。鉄道もろくに開通していない場所を運転するのは、さぞかし大変だったと思います。
私事で恐縮ですが、ちょうど文章塾が始まったころから最近まで熊野市や尾鷲周辺で仕事をしており、松坂ー尾鷲間は何度も運転しているので、この作品の舞台となった尾鷲の近くとはどのへんだろう?、と想いを馳せております。

尾鷲はいいところですよね。街の北にある馬越峠は、熊野古道の中で最も石畳が美しいと言われていますし(僕もそう思います)、馬越峠からさらに30分くらい登った天狗倉山(てんぐらやま)から眺める尾鷲の街並みは、本当にすばらしいです。

_ おっちー ― 2009年06月08日 08時34分47秒

 この作品を読んだ後、今回の文章塾の終了を更に前向きに捉える事が出来ました。
 そうですよね、縁は奇なるもの。
 いつか何処かで、偶然に出会えるかもしれない。
 それは偶然の縁だけに、喜びもひとしおのものに為るでしょう。
 ありがとうございます。
 またいつか、何処かで出会える日を待っています。
 それでは、また。

_ 蝶子 ― 2009年06月10日 12時23分58秒

はあ。ため息が出ます。
人一倍努力したり、精進を重ねたり、苛酷な訓練に耐えたりして、ふつうの人よりも早くある一定のレベルに到達することができる。人間にしか叶わないことですよね。スポーツ然り、学術研究然り、芸術然り。でも、どうあがいても年輪を重ねることでしか到達し得ない域というものは歴然とあり――。
ほんとに、そこらじゅうで偉そうに振る舞う自分などはまだまだヒヨっ子じゃ青二才じゃとうなだれるばかりです。
とこしえの健筆に乾杯。

_ 矢菱虎犇 ― 2009年06月12日 02時31分46秒

昔の友から突然手紙をもらって、その文を読んでいる内にその人の人柄を思い出して会いたくなってしまう・・・そんな飾り気のない素直な文ですね。榎木孝明・・・友人Aとの関係・・・課長との奇遇・・・その息子さん・・・次々と注目する人がぶれていくようで、いや実は人と人との縁をつながっていくことを本当にさりげなく書いてあって。文章塾に集った人々にもつながっていく縁というものを感じさせていただきました。素敵な文章です。

_ manicure ― 2017年04月02日 20時44分59秒

Ahaa, its pleasant discussion about this post at this place at this blog, I have read all that, so now me also commenting here.

_ manicure ― 2017年04月10日 21時38分01秒

I'm pretty pleased to discover this web site. I need to to thank you
for ones time for this particularly wonderful read!! I definitely liked every little bit of it and I have you saved as a favorite
to check out new things on your web site.

_ manicure ― 2017年04月11日 00時51分54秒

What's Taking place i'm new to this, I stumbled
upon this I've found It absolutely helpful and it has helped me
out loads. I hope to contribute & assist other users like its aided me.
Great job.

_ BHW ― 2017年04月12日 19時33分34秒

My family always say that I am killing my time here at web, but
I know I am getting experience every day by reading thes nice posts.

_ BHW ― 2017年04月15日 17時02分47秒

Excellent post. Keep writing such kind of info on your page.

Im really impressed by your blog.
Hi there, You've done an incredible job. I'll certainly digg it and personally recommend to my friends.
I am confident they'll be benefited from this web site.

_ manicure ― 2017年05月04日 02時15分45秒

Howdy very cool site!! Man .. Beautiful .. Wonderful
.. I'll bookmark your web site and take the feeds additionally?
I'm satisfied to search out numerous useful information right here within the
publish, we want work out extra techniques in this regard, thanks for sharing.

. . . . .

_ manicure ― 2017年05月04日 07時31分38秒

Hi there, all is going sound here and ofcourse every one
is sharing information, that's actually fine, keep up writing.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック