#029-0003「電車ブログ」2008年10月20日 23時09分09秒

電車ブログ
「あっ…」
パソコンに映る写真に、僕は言葉を失った。
いい年をした大人が、電車のシートの上に乗っている。
子供のようなその姿は、紛れも無く自分だった。
「やっと見つけた…」
恥ずかしさより喜びに満たされたのは、この写真を見つけるために散々苦労したからだ。

それは一ヶ月前。
電車に乗ると、その車両は僕一人きりだった。
開放的な気分に、つい車窓の景色にかじりついてしまう。
背後に迫る気配に気づかなかったのは、全くの不覚だった。

カシャリ!
驚いて振り向くと、カメラを持った女性が立っている。
ポニーテールが似合う美人だったが、美人特有の横柄な口調で
「この写真、ネットに投稿してもいいかしら?」
と言った。
「えっ?」
「大丈夫。顔は写ってないから」
いや、顔が問題ではなくて、この格好が問題なのだ。
でも、待てよ。こんな美人と知り合うチャンスも滅多に無い。
「あ、ああぁ、あ…」
僕が生返事をしていると、電車が駅に着いた。
女性は忙しそうにカメラをバッグに仕舞い、
「そう。じゃあ、よろしくね」
と電車を降りようとした。
「と、投稿、どこに?」
慌てて僕が聞くと、締まるドア越しに
”電車ブログ”
と彼女の艶やかな唇が動く。
その日から僕は”電車ブログ”を探し続けた。

電車を扱うブログなんて山ほどある。
ざっと検索しただけで、一千万件以上のサイトがヒットした。
それを一つ一つ見て回ったのだ。
しかしどのサイトも、彼女の投稿とは思えない内容だった。
一ヶ月が経ち諦めかけた時、あるサイトを見つけた。

#029-0005「電車ブログ」: 文章塾という踊り場

そして僕は、この作品の中に自分の写真を発見した。

この写真に写っているのは確かに僕だ。
ということは、この作品を投稿したのは彼女に間違いない。
作者の名前は…、えっ?、どこにも書いてない!?
つまり彼女と連絡を取るためには、この作品にコメントを書くしかないってことだ…

ドキドキしながら、僕はコメントのボタンをクリックした。
(文字数:799.5)
名前:

コメント

_ ウラジーミル・コマ子 ― 2008年10月21日 00時33分53秒

うーむ、この横柄な口調の美人は、なんの目的で、車窓にかぶりつく男性の、後ろ姿をとりたかったのだろう。そしてブログにupしたかったんだろう。さまざまな謎が浮かんだ。このお話は、そうした謎のうえに成り立っている。知り合いになる、それ以上に尊い、人生の意義はあるでしょうか。

_ 電車ブログ管理人 ― 2008年10月21日 07時14分57秒

ウラジーミル・コマ子さん、あなたがあの写真の方ですか?
ってことはないですよね。名前からして、女性の方ですものね。

いい大人のあんな格好、滅多に拝見できる姿ではありませんわ。つい、カメラに収めちゃいました。あの方は、ここを探してくれるかしら?

_ ヴァッキーノ ― 2008年10月21日 20時17分36秒

このだらしないケツ!
パントマイムのような手の配置!
すごい、すごすぎる。。。
って、ボクじゃないですよ。
ボクは坊主ですから。
いやいや、メビウスだなあ。

_ 電車ブログ管理人 ― 2008年10月21日 21時15分01秒

ヴァッキーノさんもそう思うでしょ、思わず写真を撮りたくなっちゃうって!

で、でも、写真の人って、本当にヴァッキーノさんではないのよね? 後になって、やっぱり自分でしたぁ~、なんてのはナシですよ。

_ 馥 ― 2008年10月21日 21時19分45秒

大人になってから子供のような心にそして行動をする事は楽しくてウキウキしますね。
私も先日、誰も見ていなかったので公園の柵をまたいで近道をしました。隠しカメラを設置している場所が一か所あるのですが、まさか撮られては居ないと思います。でも少し不安になって来ました。

_ 電車ブログ管理人 ― 2008年10月21日 21時31分10秒

ん?、馥さん?(男性かしら?女性かしら?)
写真のあの人なのかどうかわからないので、取り留めのない話をしましょう。
本当は動画で撮りたかったの。ほら、面白い動画をネットに投稿すると、人気者になれるでしょ。カメラしか持ってなかったのは実に残念だわ。

_ でんち ― 2008年10月21日 22時39分18秒

「靴を脱ぎなさい」と注意しようと思って、通り過ぎたのが私です。

_ 電車ブログ管理人 ― 2008年10月22日 07時17分52秒

そうそう、シートの上に乗るときは、ちゃんと靴を脱がなきゃいけません。って、何を言わせるんですかっ!
でも、もしちゃんと靴を脱いでいて、靴がちょこんと並べられていたら、おかしくておかしくて吹き出して写真を撮る前に気づかれていたわ、きっと…

でんちさん…、この方も男性だか女性だかわからないわ。あの写真の人…、ではないのかしら?

_ なぎさひふみ ― 2008年10月25日 19時07分33秒

 ついコメントも読んでしまい、強く眩暈が30分ほど続き、次の駅までにはと、私は電車に揺られながら、あなたを探しました。

_ 電車ブログ管理人 ― 2008年10月25日 20時47分02秒

”なぎさひふみ”さんって、男性かしら?女性かしら?
”なぎさ”は女性っぽいけど、”ひふみ”は男性っぽいし…
もしかすると、”なぎさひ ふみ”さんという女性かもしれないわね。
でも、私を探しているのだから男性?(この写真の方ですか?)

_ つとむュー ― 2008年10月26日 16時58分30秒

こ、この写真は…、僕です。
写真を撮ったあなたに一言いいたくて、コメントします。

この回の文章塾が終わり、作者が明らかになったら、
あなたは消滅してしまうでしょう。
だから今のうちに伝えておきたいのです。

僕達が乗っていたのは、電車ではなくて、汽車でしたから…

_ shoe lifts to look taller ― 2016年09月10日 22時28分27秒

Hi there, just became alert to your blog through Google, and found that it's truly
informative. I'm gonna watch out for brussels.
I will be grateful if you continue this in future. Numerous people will be benefited from your writing.

Cheers!

_ printed denim ― 2017年01月19日 18時29分02秒

I really like what you guys tend to be up too. This sort of clever
work and coverage! Keep up the amazing works guys I've you guys
to my personal blogroll.

_ abs workout machine ― 2017年03月03日 02時39分32秒

Hello to all, how is everything, I think every one is getting more from
this site, and your views are good for new viewers.

_ BHW ― 2017年04月13日 21時33分38秒

What's up, all is going perfectly here and ofcourse every one is sharing information, that's genuinely excellent, keep
up writing.

_ manicure ― 2017年05月04日 01時57分53秒

I'm now not sure where you are getting your info, but great topic.

I must spend some time finding out more or understanding more.

Thanks for fantastic info I was searching for this information for my mission.

_ manicure ― 2017年05月04日 08時16分31秒

Simply wish to say your article is as amazing. The clarity to your publish is simply excellent and i could
think you are a professional in this subject. Well together with your permission allow me
to snatch your RSS feed to keep up to date with drawing close post.
Thanks 1,000,000 and please continue the gratifying
work.

_ foot pain goes away and comes back ― 2017年07月04日 07時06分35秒

You could definitely see your expertise within the work you write.
The arena hopes for even more passionate writers like you who aren't afraid to
mention how they believe. All the time follow your heart.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック