#028-0009「幸子」2008年09月06日 12時08分24秒

 素人でも手軽に文章が書ける方法はないかと、ネットで検索を試みた。
 いろいろなページが表示される中で、目に止まったのはこんなサイトだった。

『私の文章作法』 踊る文章塾 by月影ネット

 これだ!私が探していたものは!
 読んでみると、どうやらプロではない方々が投稿した文章を集めたサイトらしい。詩的なもの、ほのぼの家族、ちょっと恐いもの、青春小 説のような作品まである。さらに、それらの文章をどうやって書いたのか、作法についての特集も組まれていた。こんな感じの気取らない文 章作法なら、私にも参考になりそうだ。

 書くことは決めてある。
 愛する妻。そして愛娘、幸子についてだ。
 未熟児で生まれた幸子は、二人の間にやっと授かった宝物。どうか無事に育ちますようにと祈り続けたおかげか、幸子はすくすくと成長し た。三輪車で転んで、ほっぺを酷く擦りむいた時はドキッとしたけれど。ランドセルがやがてセーラー服に変わり、妻によく似た声でお父さ んと呼んでくれたあの日のことを、今でも忘れない…
 こうして私は、踊る文章塾への投稿作品を書き上げていった。


「あなた、閉じこもって何してるの?」
「ちょっと書物を…」
「地球消滅まであと一時間しかないのよ。最期くらいは一緒に過ごしましょう」
「今ね、家族のことを書いているんだ」
「書いても無駄ではなくて?小惑星の衝突は、すべてを粉々にしてしまうそうよ」
「でも残るんだよ、この月影ネットは」
「えっ、何故?」
「その名の通り、サーバーが月の裏側にあるんだから」
「で、でも私達は、死んでしまうのよ…。それに家族って、私達二人しかいないじゃない」
「だから、新しい家族の物語を書いたんだ。二人の娘のね」
「私達の娘!?まあ、なんて名前なの?」
「幸子。君に似て、目がくりっとした女の子だよ」
「幸子?そんな古風な名前、最近の親はつけないわ」
「でも、いい名前だろ?」
「うーん、素敵な名前。ねえ、詳しく聞かせて…」
(文字数:790)
名前:

コメント

_ ヴァッキーノ ― 2008年09月07日 10時55分09秒

幸子って名前がいいですね。
たいていは、なんか幸薄いキャラとして描かれがちな
名前なんですけど、このお話では「素敵な名前」として
扱われてるとこがいいです。
しかも、すごいのは、「文章作法」と「世界の終り」という二つのお題をミックスさせてるということです。
やりますねえ。

_ おっちー ― 2008年09月19日 23時57分28秒

 いや、これはすごい。
 かなり強引で突飛な結び付けのはずなのだが、それほど不自然な感じがしない。これは実力がなければできない。
 そして話としても面白い。
 でもお気に入りには投票できなかった…
 な~ぜなんだろう、ど~うしてなんだろう

_ なぎさひふみ ― 2008年09月20日 14時00分10秒

 時間の戸惑いよりも魅惑という、人間の持つなぜか分からない記憶の果て。それに向かっているようなスピードを感じる。
 流れることの止まり往く奥底を少しでも垣間見せてくれれば、深い感慨が漂うような気がする。

_ ウラジーミル・コマ子 ― 2008年09月20日 14時04分03秒

またうまく料理されちゃった感じ。
テクニックはもちろんですが、実もあるひと、というような落ちになっていますよね。
奥さんのかわいらしさを盗みたくなりました。

_ でんち ― 2008年09月21日 10時43分26秒

踊る文章塾かぁ。いい感じですねー。
踊ろう踊ろう。踊らなくちゃ。頭メタボになっちゃう。(笑
>「あなた、閉じこもって何してるの?」
この台詞は、踊る文章塾で検索すると何行か出てきそうな。
でも今回の名前に喜ぶ素直な感じ、いい感じー。

_ 踊る文章塾 ― 2008年09月23日 23時41分51秒

皆さん、コメントありがとうございます。

最初、「世界の終わり」というお題を見た時、子供と一緒に世界の終わりを迎えるのはイヤだなあ、と思いました。自分はどうなってもいいから、子供だけは助けてあげたい、と思うのが親心でしょう。だったら、自分達は死んでしまうけど、何か大切なものは残される結末が書けないものか、と考えたのがこの作品です。

文章塾への投稿作品は、自分の子供と同じではないかと考えています。それが、自分の文章作法でもあります。もし、自分が突然ポックリと逝ってしまっても、その子供達は生き残る。それが、自分のモチベーションでもあります。

ヴァッキーノさん
>すごいのは、「文章作法」と「世界の終り」という二つのお題をミックスさせてるということです。
上記のように考えると、一見何も関連が無いように感じるこの二つのお題ですが、ミックスされるのは必然のような錯覚さえしてしまいます。

おっちーさん
>かなり強引で突飛な結び付けのはずなのだが、それほど不自然な感じがしない
光栄です。最後に2回半くらいひねっているので、ちゃんと着地できているか今でも不安です。
>な~ぜなんだろう、ど~うしてなんだろう
幸子とは、おっちーさんのお母様の名前だったとか・・・・・?

なぎさひふみさん
>深い感慨が漂うような気がする
最後は、ちょっと急すぎたかもしれませんね。
会話の間もしくは最後に、何か情景描写でも入れようかと思いましたが、考える余裕がありませんでした。何かよさそうな描写ってないでしょうか?

ウラジーミル・コマ子さん
この作品は、人によってオチが違うんじゃないかと思います。どこで一番驚いたのか(えっ、驚かなかった?)、教えていただけると大変嬉しいです。
>奥さんのかわいらしさを盗みたくなりました
奥さんをかわいらしく感じていただき嬉しいです。でも、女性目線では感触が違うかも、とビクビクしています。

でんちさん
最初、朝日ネットに対抗して”明星ネット”というのを考えていたんです。金星にサーバーがあるってオチで。でもそれなら、宇宙旅行は当たり前のような感じがして、何か世界の終わり感が出ないなあ~と思ってやめました。
小惑星が地球にぶつかったら、月はどこに行っちゃうんでしょうかねえ・・・(スペース1999?)

_ マロ ― 2008年09月23日 23時52分38秒

 これは書いてある文体はとても明るいのですが、内容は結構ブラックではないかな、と思いました。
 現実を逃避して、文章の中に逃げ込む印象といったらいいのでしょうか。そういうことが頭に浮かんだのであります。
 いや、しかし、これは読み手の性格に問題があるからそういう感想を持つのであって、作者の狙いとは異なっているとは思うのですが。

_ ぎんなん ― 2008年09月24日 01時30分49秒

世界が終わっても、ネットの文章は残るのか……。
「駄目ー! 消してー! あれもこれもそれも全部消してー!!」
と思ってる人もいると思いますが、月影ネットにもきっとWebArchiveみたいなのがあって(笑)

今でも事実か創作かわからない事柄はいくらでもあるのだから、現在史実だと認識されている事柄が、実は全く歴史に残っていない人物の創作だったりする可能性もあるんでしょうかね。今書いている創作が未来で史実になる可能性もあるのかしらーん。わくわく。
いろいろなことを想像させて、面白かったです。

_ ヴァッキーノ ― 2008年09月25日 00時16分28秒

つとむューさん
ブログに毎回、つとむューさんのお気に入りが星の数で
表記されるたび、ボクはドキドキしていました。
今回は、つとむューさんの好みじゃなかったのかあ!
とかって思うこともしばしばで、
なんて言いながら、おめでとうございます!
そうそう、お話はもちろんのこと、タイトルがとてもよかったです。

_ 踊る文章塾 ― 2008年09月25日 22時53分17秒

マロさん
>現実を逃避して、文章の中に逃げ込む
もし、この夫婦に子供がいて、その子供に悟られないように家族で世界の終わりを迎えようとすると、いったいどうすればいいんだろう?と考えちゃいます。逃避できるものがあるだけ幸せなんじゃないかと、書いていて感じました。

ぎんなんさん
>現在史実だと認識されている事柄が、実は全く歴史に残っていない人物の創作
マリコ編を読んでいただいたぎんなんさんだから打ち明けますが、第15回に投稿した「英雄」が、ちょっと伏線になってたりします。飛行機が墜落したら、後に残る手紙の内容が事実かどうかなんて、誰にも分からなくなりますから・・・

_ ヴァッキーノさんへbyつとむュー ― 2008年09月25日 23時14分25秒

>お気に入りが星の数で表記されるたび、ボクはドキドキしていました。

いやぁ、あれはただ主観的に付けているだけだから・・・(キニシナイデクダサイ)
僕は、気に入った作品からコメントするようにしているので、コメントの順番を見ていればなんとなく好みが分かると思います。
あと、誠に残念なお知らせですが、ヴァッキーノさんの作品と予測した作品に対しては、辛口にするように心がけています。ヴァッキーノさんの作品はいつも面白いので、それが当たり前になっちゃってるんですよね。人間って、贅沢ですねぇ~。ヴァッキーノさんの作品に星が付いていたら、とても面白かったと思っていて下さいな。
えっ?、今回どの作品をヴァッキーノさんの作品と思っていたって?それは内緒です(笑)。ちなみに「蟻たち」は、ウラジーミル・コマ子さんの作品だと思っていました(ああ、作品を見る目がないなぁ・・・反省)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック