#022-0011「チ音記号」つとむューさん2008年02月17日 20時07分20秒

「ねえねえ、知ってる?」
 また姉貴のいつものが始まった…
「音楽でさ、ヘ音記号とかト音記号ってあるじゃん」
 音痴のくせに今度は音楽ネタ…?
「あの“ヘ”とか“ト”ってね、実はイロハだったのよ!」
 それって小学校で習ったような…
「“ヘオン”とか“トーン”って言うから、てっきり英語だと思ってたんだよね」
 それは姉貴だけかも…
「そんでね、次世代の記号はね、“チ音記号”なんだって! ほら、ヘとトの次はチでしょ」
「んなこと、誰に聞いてきたんだよ?」
 あまりのアホらしさについ反応してしまった。
「ネチャード・イレラレンという人。すっごくピアノ、上手なんだよ」

 そういえば姉貴、最近コンサートに行くって言ってたっけ。あれってピアノのコンサートだったんだ。似合わね ぇ~と思いつつ、そいつに熱を上げる姉貴を連想する。

「はぁ~、素敵な夜だった…」
「なんだよ、そのネチャードなんとかとデートにでも行ったのかよ」
「そうよ。私、彼のホテルの部屋に招待されたのよ」
 そう言いながら姉貴がトランプをひらひらさせる。なんでもこのカードに部屋番号が書いてあったらしい。
「変なことされたんじゃねえだろうな?」
「そうね…、貴重な体験だったわ」
 うっとりと視線を漂わせる姉貴。夜のレッスンのすばらしさに、姉貴はつい声を出してしまったんだそうな。そ れを聞いたネチャードは、”君の調べは前衛的だ。譜面に落とすならチ音記号の助けを必要とするだろう”と絶賛 だったらしい…

「そんでね、最後にアドバイスされたの。”チ音を十回唱えれば自己を発見するだろう”ってね。でもこれってな んか、変なんだよね」
「なんで?」
「チ音、チオン、ちおん、知恩…、ほらいつの間にか知恩院になっちゃうでしょ。私には尼がお似合いってこと… ?」
 ちょっと違うような気がするけど、わざわざ答えを教える必要もないと窓の外を見る。
「吹雪か…」
 五線のような雪跡が残る窓に、映る姉貴はチ音記号のようだった。
(文字数:796)

名前:

コメント

_ トゥーサ・ヴァッキーノ ― 2008年02月18日 12時34分03秒

うわあ!
ネチャード・イレラレン
再び登場!
2回出てきたら、やっぱ3部作にしたくなるのが人情ってもんですね。
しかし、待てよ。
もしかしたら、前作とは作者が違うこともありえます。
ネチャード・イレラレン
……うーん、アナドレン。

_ ウラジーミル・コマ子 ― 2008年02月18日 13時33分43秒

らーららららー。視点人物を代えて、余韻をあじわいなおすような作品ですね。前作がインパクトがあったので、こうして静かな続編も《乙な》ものです。

_ SOID ― 2008年02月22日 04時22分46秒

面白いですね。チ音記号とは……。チ音は実際にはありませんが、あえて音に果てはめるとしたら、ト音(=G=ソ)の次であるイ音(=A=ラ)をチ音に当てはめると思います。ですので、ラララなのですね。

_ でんち ― 2008年02月22日 19時36分16秒

姉弟でこういう会話をするんだー。
確かにチ音な感じの物語になっているなーと思いました。
読んだあとはラララー?

_ おっちー ― 2008年02月23日 23時05分11秒

 うふふふふ面白い。
 弟(ですよね?)のツッコミがいい味出してます。
 一瞬ひょうたんさんの作品かと思いました。こんな作品も書かれるのかなあと。
 でも相変わらずアイデアマン(あ、ウーマンの可能性もあるのか)ですねえ。

_ SOID ― 2008年02月24日 17時30分18秒

あっと、思いついてしまいました。G(ト音)の次はHですね……。ドイツ語ではH音と言うのもありますね。うーむ、深すぎる……。

_ なぎさひふみ ― 2008年02月24日 20時33分20秒

 なんとも言い得ない雰囲気が出てきました。リズムとメロディーがうまく調和して、チ音に向けて、イッテしまいました。ネチャード・イレラレンさん捨てないでーーー。

_ チ音作者 ― 2008年02月25日 08時32分11秒

チオン、チオン、チオン、チオン、チオン、チオン、チオン、チオン、チオン、チオン・・・
みなさーん、十回唱えてみましたかーっ!
(唱えると、今日もいいことがあるかもしれませんよ)

トゥーサ・ヴァッキーノ さん
>やっぱ3部作
えっ、3部作!?(汗)
あっ、作者は誰だかわかりませんよ~
>アナドレン
なんかやる気がでてきそうな薬の名前みたいですね(笑)

ウラジーミル・コマ子さん
>前作がインパクトがあったので
ありがとうございます。って、作者は誰だかわかりませんよ~
(前作の作者に代わってお礼を申し上げます)

SOIDさん
>ラララなのですね
そうです、ラララなのです。チ音記号に乗ってしまわないように、気合を入れて、音程を合わせて歌いましょう!さあ、ララララ・・・♪

でんちさん
>姉弟でこういう会話をするんだー
うっ。想像の世界のことなので・・・(汗)
書いていて、確かに微妙だな、とは思っておりました。主人公が高校生か大学生、姉が大学生かOLになりたてぐらいで、お互い未婚で自宅に住んでいる、とお考え下さい(かなり限定的なシチュエーションですな)。
するどい質問をくれたでんちさんには、「チ電記号」を授けましょう。さあ、十回唱えて下さいね。チデン、チデン、チデン、チデン・・・

おっちーさん
>うふふふふ面白い
ありがとうございます。
UFFFF・・・?
では、次回のキーはFで行きましょうか。

SOIDさん再び
>ドイツ語ではH音
いやあ、初耳です。そこまで深くは考えていませんでした。参考になります。
H音・・・・、いい響きですね。

なぎさひふみさん
>イッテしまいました
イッテしまわないでくださーい(笑)
「イ」ではなくて「チ」ですから、チッテしまいましょう。

みなさん、コメントありがとうございました。

_ チ電 ― 2008年02月25日 09時52分32秒

チ音様、くやしー。^^;
最初のコメントその名前で書きたかったー。

_ 木の目 ― 2008年02月25日 22時52分07秒

チ音記号。
うーん。これもまた耳に残る響きです。
ネチャード・イレラレン。
まるでゴルゴ13のように、本人が登場しなくとも名前だけで物語が成り立つ、文章塾のA級スナイパーです。

_ うらら ― 2008年02月25日 23時51分49秒

おお、続編ですね。チオン10回って・・・チオン・・オンチ。高名なピアニストに「音痴」のお墨付きをもらっちゃった!? 姉に教えない弟のやさしさを感じました。「天然」の姉と弟のツッコミが面白~い。

_ 馥 ― 2008年02月29日 00時11分45秒

姉弟の間でこの様な会話が出来る仲は良いですね。良い弟さんですね。

_ リレーやってます ― 2008年03月06日 20時54分30秒

つとむューです。

何気にリレーやってます。
http://bj-labo.asablo.jp/blog/

今回はサロンに書き込みしてませんが、
そのせいか、集まりが悪いです。
皆さんのご参加、お待ちしていまーす。

_ リレーピンチ! ― 2008年03月16日 08時49分18秒

つとむューです。

リレー、最後の「結」の募集、やってます。
http://bj-labo.asablo.jp/blog/
(まだ、1作品も完成していません!)

皆さんのご参加、お待ちしていまーす

_ ミラクルハッピー ― 2008年03月16日 23時32分38秒

> リレー
起承転結の結として、2作品が完成した模様です。
他の方々もよろしくお願いします。
http://bj-labo.asablo.jp/blog/

_ BHW ― 2017年04月14日 00時54分50秒

I'm not sure exactly why but this weblog is loading
very slow for me. Is anyone else having this problem or is
it a issue on my end? I'll check back later and see if the problem
still exists.

_ manicure ― 2017年05月04日 13時28分50秒

Excellent beat ! I wish to apprentice at the same time as you
amend your site, how could i subscribe for a weblog website?
The account helped me a appropriate deal. I have been a little bit
acquainted of this your broadcast provided vibrant clear concept

_ How can I increase my height after 18? ― 2017年09月24日 02時27分45秒

wonderful put up, very informative. I ponder why the other
experts of this sector don't understand this. You should proceed your
writing. I'm sure, you have a huge readers' base
already!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック