#020-U007「ダイコン」つとむューさん2007年10月29日 00時39分31秒

「ダイコンなんて、だいっキライ!」
ブリ大根を前にして息子が叫んだ、らしい。
そんな話を妻から聞いて、ふと昔の自分を思い出す。
何を隠そう、自分もダイコンが大嫌いだった。

だいこんが食べられるようになったのは、一人暮らしを始めてから。
通っていた大学の前に、旨い小料理屋があったおかげだ。
そこのおでんを食べている時に、ふとある疑惑が湧き起こった。
自分のダイコン嫌いは、母の料理が原因だったのではないのだろうか。

疑惑を抱きながら二十年。
二世帯住宅に引っ越して七年。
ついにその疑惑が、確信に変わる日がやってきた。
謎を解く鍵は、母が作った目の前のブリ大根だ。

「こりゃ、だいこんじゃなくてダイコンだよ・・・」
思わずぼやいてしまう。
煮込みが足りず、中が白くて硬い。
ぶりの旨味がしみ込んでないから、すごく苦い。
でも、なんだろう、この不思議な感覚は。
記憶の奥底に沈んでいる何かを呼び覚ますような味だ。
これがいわゆる“おふくろの味”と云うのだろうか。

むむむ、待てよ。
”おふくろの味”という言葉を使っていいのは、
旨いものに対してなんじゃないのか?
このブリ大根は、ものすごく不味いぞ。
でも旨くならないものに対しては、使ってもいいような気がする。
だって、母の料理が日増しに旨くなって、
いつの間にか三ツ星レストラン級になっちまったら、
それは”おふくろの味”とは言えないんじゃないだろうか。

さらば”おふくろの味”と、ごみ箱を開けたところで、
妻に見つかってしまった。
「子供達は泣きながら食べたのに…」
ギロっと睨みながら、捨てたらみんなにバラすわよ、なんて、
恐ろしいことをさらりとおっしゃってくれる。
結局、明日の朝、子供達の前でブリ大根を食べることになった。

「やっぱり食べたくなーい!」
泣き叫びたい気持ちを抑えながら考える。
不味くても、おいしそうに食べる?
それとも、正直に不味そうに食べる?
自分は息子に、どんな顔を見せてしまうのだろうか。
(文字数:799)

コメント

_ つとむュー ― 2007年10月29日 18時36分57秒

めきし粉さんとmukamuka72002さんの強烈な2作品に挟まれてしまい、思わず頭を抱えてしまいました。
この前後2作品に対抗するには、たとえ卑怯と言われようとも、この手を使うしか方法はありません。

みなさーん、「だいこん」もよろしく!
http://bunshoujuku.asablo.jp/blog/2005/11/28/157948
(第2回文章塾投稿作品で~す)

あっ、文章塾の本を買って「だいこん」を読んで下さった方には、ポイント割り増しサービスいたします。
http://www.amazon.co.jp/dp/490362303320071029155306

_ つとむュー ― 2007年10月29日 18時45分04秒

文章塾の本のアマゾンのページ、リンク間違えちゃった。
正しくはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4903623033

_ KEN ― 2007年10月29日 18時53分45秒

お袋の味っていうと美味しいイメージがあります。いえ、まずいものもありました。人間は素直にならなくては。^^;

_ 鉛筆カミカミ ― 2007年10月30日 00時49分56秒

>母の料理が日増しに旨くなって、
>いつの間にか三ツ星レストラン級になっちまったら、
>それは”おふくろの味”とは言えないんじゃないだろうか。

 この部分がいまいち伝わってこなかったのですが、それ以外は楽しく読ませていただきました。

 不味くてもお袋の味ですよ。
 母親が退院してきて、お袋の味はありがたいものなのだ、と思い知りましたからね。これ最近の話です。

 ちょっとした事なんでしょうけれど、慣れ親しんだ味というのは、他には代えがたいものがあるようで。

 でもこのぶりダイコンは、一度食してみたいような、逃げ出したくなるような……(笑)

_ mukamuka72002 ― 2007年10月31日 16時35分43秒

うっ、二本読ませるなんてずるいー!

味の染みこんでない大根、僕も嫌いです。やっぱり箸がなんの抵抗もなくどころか吸い付くようなのがいいですね。それと大根なんかの煮物は自分が料理するようになって初めてその旨さがわかるというもの、それなのに何で世の女性たちはあれほど料理が下手なの?
サバの水煮缶詰と大根煮込む(出汁は足す)と簡単で超旨いつまみになりますよー。

_ トゥーサ・ヴァッキーノ ― 2007年11月01日 06時19分07秒

親が好き嫌いしてると、やはり子供も好き嫌いがあるようになりますね。
子供が、食べたくないって言っても、その場だけなので、旨い旨いと言って、子供の分も全部食べてしまいましょう。
すると、子供は、あれ?これは本当は旨いものなんじゃないかって気になってきて、食べるようになります。
子供は親の鏡だから、特にダメな所は自分の短所だと思って、諦めずに直してあげてください。
ちなみに、ボクは妻に母の味はこうだったなんてことは言いません。
だって、母は料理なんてろくに作りもしませんでしたから。

_ 馥 ― 2007年11月01日 15時10分01秒

今コンビニで売って居るおでんの大根は味が美味しく出来て居ますね。時々買って来ては炊事をさぼります。
母の姉が鰤大根を炊くのが上手でした、母は駄目で並んで私も駄目で、だから炊けたら伯母の家に貰いに行っていました。我が家の鰤大根はおふくろ姉ちゃんの味でした。
ならっときゃ良かったけどもう遅いです。

_ おさか ― 2007年11月02日 17時56分35秒

この間本で読んだばかりだったので、あれ?つとむューさんたら昔のを知らん顔で投稿したのかしらん(笑)などと思ったら、違った(あたりまえ)

お袋の味ですかあ
うちの母の煮物はまあまあ美味しいと思うのですが
父は亡き祖母のよく作っていた「ごちゃまぜ煮物」が時々食べたいといいます
年取ったせいもあるのかも
でもウチの子ども達は「おばあちゃんの作るものはなんでも美味しい!」と言います
私も孫に向け(笑)精進するつもりです

_ 木の目 ― 2007年11月05日 19時33分40秒

わたしは好き嫌いを一切顔に出しません。
女房も子供も、わたしが嫌いなものは絶対にわからないと思います。
うちの三男が成人したら、嫌いなものは絶対に食べないつもりです。
でもそのころになると、息子に恋人とか嫁さんが来て、
「お義父さん、わたしが作った料理です」って言われるんだろうなぁ。
「ああ、これはうまいなぁ」・・・泣

_ でんち ― 2007年11月07日 21時18分13秒

言われたくない台詞でしょうが、
ダイコンはおいしいですよ。

_ なぎさひふみ ― 2007年11月08日 21時48分12秒

 すっぱいとにがさ。でも程よくなら、旨みになりますけれど、私ならだまって、だまって、目で表情を作りながら、無言の伝言をします。おいしいと言いながら。

_ うらら ― 2007年11月10日 01時10分44秒

大人になって食べても不味いとはなかなか手強い。でも、美味しくても不味くても、お母さんの思い出とともに懐かしまれる「お袋の味」なんじゃないでしょうか。「お袋の味」は、近所のコンビニやスーパーのお惣菜かも知れないイマドキの子どもにはうらやましい話かも。

_ つとむュー ― 2007年11月11日 21時51分02秒

皆さん、コメントありがとうございます。

KENさん
やはり人間、素直がいいですよね。今度は、ちゃんとまずそうに食べようっと。

鉛筆カミカミさん
僕の自慢の理論が・・・
(三つ星レストランを引き合いに出したのがいけないかったのかな(笑))
おふくろの味は、たまに味わってこそ、と最近は感じています。

mukamuka72002さん
ふふふふ、二本読ませでずるいでしょ。
やっぱり自分で料理できなきゃ、説得力ないですよね。
母の料理の批判するなら、自分で旨いのを作ってみろ、と、いつも妻に言われております。

_ つとむュー ― 2007年11月11日 22時01分20秒

トゥーサ・ヴァッキーノさん
>子供は、あれ?これは本当は旨いものなんじゃないかって気になってきて
そうそう、これが前作の「だいこん」のテーマだったのですが、子供の前ですら旨そうに食べることができない代物が出てきたらどうするんじゃ!というのが、今回の「ダイコン」のテーマです。
子供の好みは自分とよく似ていて、いつも自分の昔を思い出します。

馥さん
コンビニの大根って、おいしいですよね。母の大根料理も、おでんは旨いんです。2年前に「だいこん」を書いた時は、どうして自分は大根嫌いになったんだろう、と不思議に思っていたのですが、今回の一件で真相を知ってしまった、というわけなのです。

おさかさん
デジャブー現象を体験していただき、ありがとうございます。
僕は子供たちに、「おばあちゃんの作るものは旨いと思うな」と教育してきたので、皆さんのコメントを読んで、とても反省しております。

_ つとむュー ― 2007年11月11日 22時23分24秒

木の目さん
>わたしは好き嫌いを一切顔に出しません。
うわあ、すげえ、です。
最近、娘と外食に出かけると、娘は僕の顔色をうかがいます。自分の親は味がわかっているのかと試験されているみたいで、結構プレッシャーですよ。

でんちさん
僕も、だいこんは好きなのですが、ダイコンはちょっと・・・

なぎさひふみさん
>おいしいと言いながら
みなさんすごいですね。僕なら第一声が、マズイ、ですよ。きっと・・・

うららさん
>お母さんの思い出とともに懐かしまれる
あのブリ大根を口にした時に、ビビビと昔のことが走馬灯のように頭によみがえりました。恐るべき「おふくろの味」です。

_ Lucky16 ― 2007年11月18日 19時47分47秒

幼いころは大根といえば大根おろししか食べれませんでした。
長ずるにつれ、大根の煮物(おでんなど)がこの上ない好物に変わりました。分からないものですね。

_ つとむュー ― 2007年11月20日 23時07分16秒

Lucky16さん

2年経って、また大根ネタで書いてみましたが、改めて皆さんの大根体験が聞けて興味深かったです。
僕は、子供のころ大根おろしが全然食べれなかったのですが、今は、大根おろしの無いサンマなんて考えられないくらい大好きです。

_ manicure ― 2017年05月03日 22時38分48秒

I am really impressed with your writing skills and also
with the layout on your blog. Is this a paid theme or did you modify it
yourself? Anyway keep up the nice quality writing, it
is rare to see a nice blog like this one nowadays.

_ foot pain going up leg ― 2017年07月04日 05時52分54秒

My brother suggested I may like this web site.
He used to be entirely right. This publish actually made my day.
You can not imagine just how so much time I had spent for this information! Thank you!

_ Where is the Achilles heel? ― 2017年09月27日 11時26分41秒

Thank you for any other great article. Where else may just anybody get that type of information in such a perfect manner of writing?
I've a presentation subsequent week, and I'm at the look for such information.

_ choc ― 2018年05月03日 22時29分09秒

An interesting discussion is definitely worth comment.
I believe that you should write more about this subject matter, it may not be a
taboo matter but generally people do not talk about these topics.
To the next! Many thanks!!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック